本文へ移動

コンピューター支援製造(CAM)

コンピューター支援製造(CAM)とは一般的に、部品を製造するコンピューター数値制御(CNC)の工作機械を操作するための詳細な命令(Gコード)を作成する数値制御(NC)コンピューター・ソフトウェア・アプリケーションのことを言います。さまざまな産業の製造企業が、高品質な部品の製造をCAMの機能に依存しています。

CAMの幅広い定義には、ツーリング設計、コンピューター支援設計(CAD)モデルの準備、NCプログラミング、座標測定機(CMM)検査プログラミング、工作機械シミュレーション、ポスト処理の製造計画を定義するためのコンピューターアプリケーションの使用が含まれることがあります。これらの製造計画は、直接数値制御(DNC)、ツール管理、CNCマシニング、CMM実行など、実際の製造環境で実行されます。

CAMの利点

CAMの利点には、実際の製造における予測結果を提供する適切に定義された製造計画があります。
  • CAMシステムは、高速加工、5軸加工、複合加工、旋削加工、放電加工(EDM)、CMM検査機器などの幅広い生産機器を最大限活用できます。

  • CAMシステムは、最適な機械加工の生産性のためのNCプログラムの作成、検証、最適化、およびショップ・ドキュメントの作成の自動化を支援できます。

  • 製品ライフサイクル管理(PLM)を統合した高度なCAMシステムは、製造計画と製造担当者に、正確なデータと標準リソースを確実に使用するためのデータとプロセスの管理を提供できます。

  • 工場に設置しているCNC機械へのファイルのデリバリーと管理のために、CAMおよびPLMシステムをDNCシステムと統合できます。

ご質問はありますか?