本文へ移動

コンピューター支援設計(CAD)

コンピューター支援設計(CAD)とは、コンピューター・プログラムを使用して、手作業での製図や製品プロトタイプに代わる方法として、物理オブジェクトの2Dまたは3Dグラフィカル表示を作成、変更、解析、文書化することです。CADは、製品や工業設計だけでなく、コンピューター・アニメーションやメディア特殊効果で広く使用されています。
コンピューター支援設計(CAD)

コンピューター支援設計(CAD)は、製品ライフサイクル管理に不可欠な要素です。

CADソフトウェア

CADソフトウェアは詳細な3Dモデルおよび2次元図面を作成します。
CADは、概念的な製品設計とレイアウトから、アセンブリ解析、製造方法の定義までのエンジニアリングプロセス全体で使用されます。CADを使用すると、エンジニアは実際のプロトタイプの製造を最小限に抑えながらさまざまな設計案を対話形式で試験できるようになり、以下の内容を達成できます。
  • 製品開発コストの削減
  • 速度の向上
  • 生産性の向上
  • 品質保証
  • 市場投入期間の短縮

CADの利点

CADを使用すると、以下のことが可能です。

  • 設計プロセスのスピードアップによる、サブアセンブリ、構成部品、完成品のビジュアル化の向上

  • ジオメトリ、寸法、部品表(BOM)を含む、ロバストな設計文書の容易な作成

  • 設計データとベストプラクティスを簡単に再利用

  • より高い精度を実現することで、エラーが減少