本文へ移動

CADソフトウェア

CADは、手作業での製図ではなく、デジタル環境で2D/3D設計およびモデルを作成、分析、変更するために使用されます。 建築家、エンジニア、商業および産業設計者、芸術家は多くの場合、多次元の設計やモデルにCADを使用します。

CADが広く使用されているのは、手作業での製図と比べて多くの利点があるためです。 CADを使用すると、正確な設計をより速く作成することができるほか、デジタルワークフローとの統合も容易であり、設計と設計知識を蓄積したライブラリを構築し、検索で幅広くアクセスできます。

また、CADをCADD (コンピューター支援設計および製図)と呼ぶこともあります。 CAD/CAM (コンピューター支援製造)とは、CADで作成した設計データをそのまま使った製造手法を指します。