本文へ移動

3D CADソフトウェア

3D CAD (3次元コンピューター支援設計)は、エンジニアや製品開発者および設計者が3次元オブジェクトの機能的な仮想プロトタイプを作成するために使用するテクノロジーです。 設計者は、3D CADにより、製品や部品、アセンブリのあらゆる細部を動的に作成し、修正できます。 3D CADを使用することで、シミュレーションテスト、製造、データ管理、コンピューターによるアニメーション生成など、製品エンジニアリングの他の面が容易になり、自動化されます。 これらの3次元モデルをシミュレーション研究に使用すれば、応力や環境要因にどのように反応するかを予測できます。また、レンダリングを実行すれば、営業やマーケティング資料に使用できるリアルな画像を作成することができます。詳細な図面を製造部門に送信して生産に利用することもできます(アディティブ・マニュファクチャリングではCADファイルを3Dプリンターに直接送信できます)。

これまで、3D CADでジオメトリを作成、修正するためのアプローチは主に2つありました。履歴ベース(オーダードまたはフィーチャベースともいう)と、ダイレクト・モデリングです。 履歴ベースのモデリングでは、フィーチャの構造と順序によって、モデルが変更や修正にどのように対応するかが決まります。 正確な寸法変更により、基本となるフィーチャのスケッチの編集の結果を予測することができます。 ダイレクト・モデリングでは、フィーチャの履歴、つまりモデルがどのように構築されたかを示す記録が残りません。 部品を構成するフィーチャのスケッチがないのです。 編集作業は、変更対象を選択して変更するだけです。

この2つのアプローチに加え、最新の動きとして、独自の「シンクロナス」手法で履歴ベースのモデリングとダイレクト・モデリングの両方の長所を1つの環境で活用するようになりました。 シンクロナス・テクノロジーにより、設計者は3Dモデルの面そのものを使用して設計意図に自由に変更を加えることができ、設計に直感的な変更を加えることが可能です。 3Dディメンションとフェイスの関係や拘束を使用して、この設計意図を変更できます。

3D CADの最新の発展としては、ジェネレーティブ・モデリングアディティブ・マニュファクチャリング、強化されたリバース・エンジニアリング機能などが挙げられます。

3D CADソフトウェア

3D CADは、エンジニアや製品開発者がデジタル技術を利用して3次元オブジェクトを作成、テスト、文書化できるようにするロバストなテクノロジーです。