iMFLUX
Industrial Machinery & Heavy Equipment NX Teamcenter
iMFLUX

NXによって金型の設計から製造までのプロセスを加速させ、一歩先を行くiMFLUX

米国オハイオ州ハミルトン, United States

シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー

Industrial Machinery & Heavy Equipment NX Teamcenter

NXによって金型の設計から製造までのプロセスを加速させ、一歩先を行くiMFLUX

米国オハイオ州ハミルトン, United States

シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー

quotation marks NX CAMによって、当社の工程が安定し競争力が強化されました。これによって、初回歩留まりが90%台と、ほぼ廃棄がありません。 Jonathan Edwards, CAMプログラマー iMFLUX
課題
  • 高精度を維持しながら厳しい納期に対処する
  • 複雑な金型の市場投入期間を短縮する
  • 設備投資を最小限にし、最適化する
  • さまざまな業界に対応できる汎用性を提供する
  • 国内外の金型メーカーと競争する
成功の鍵
  • 金型の設計と製造の統合にNX CAD/CAMを使用する
  • 部品設計が製造可能であることを確認し、金型開発を自動化する
  • デジタル・ライブラリの部品を使用し、金型設計プロセスを合理化する
  • 金型設計を事前に検証し、寸法のエラーをなくして正確性を保証する
  • NX CAMですべてのCNCマシンをプログラミングし、工程を安定させ、品質を向上させる
  • 加工オペレーションをシミュレーションし、生産時のエラーをなくし、設定時間を短縮する
成果
  • 金型開発期間を20%短縮
  • 5ミクロンの精度で金型を加工
  • 90%台の初回歩留まりを記録
  • 納期遵守率を前年比で10%以上向上

iMFLUX

iMFLUXは、画期的な加工ソフトウェアと機械学習を最先端の金型工場に統合している唯一の射出成型企業です。同社は不可能に思える部品を設計、製造する自動射出成形手法を提供しています。この革命的な低圧保持式射出成形プラットフォームは、ほぼすべての機械、材料、金型に適用できます。

www.imflux.com

quotation marks シーメンスが提供する一連の技術によって、当社は成長に何が必要かを見極められました。 Dan Lumpkin, 製造担当バイスプレジデント iMFLUX
quotation marks NX CAMによって、当社の工程が安定し競争力が強化されました。これによって、初回歩留まりが90%台と、ほぼ廃棄がありません。 Jonathan Edwards, CAMプログラマー iMFLUX

2013年創業のiMFLUX®はプロテクター・アンド・ギャンブル (P&G) の完全子会社として誕生しました。米国オハイオ州に本社があるコンシューマー製品大手のP&Gは、プラスチックの加工技術を改善したいと考えていたのです。P&Gは、新しいプラスチック部品設計を投入するまでのコストとリードタイムを削減する必要性を認識していました。そしてついに、低圧を保持した射出圧力を利用する画期的な新技術を開発し、iMFLUXの創業につながりました。

射出成形には精密な公差が求められます。プラスチックは工具に最大2万重量ポンド毎平方インチ (PSI) で投入されます。プラスチックが工具のすき間に入り込んではなりません。iMFLUXの工程は速力やスピードよりも圧力で制御されています。プレスがスクリューを押し出す瞬間から、設定された圧力値だけを制御します。設定圧力に達したら、その圧力を部品が完全に充填されるまで維持します。

iMFLUXの射出成形工程は特殊なコントローラーを使用し、低圧に定義された融解圧プロファイルで金型を充填します。これによって、部品のジオメトリに合う充填速度が自動設定されます。この方法には、部品の品質改善、部品や金型の新しい設計の可能性、持続可能性の向上、コスト削減などの利点があります。

次世代の金型を設計する

この工程はP&Gまたは外部の顧客が金型や部品の設計概念をiMFLUXに送るところから始まります。紙にスケッチされた概念から、金型と部品自体の最終認証まで持っていきます。顧客の期待に応えて、工程をできるだけ早く完了させ、あらゆるボトルネックを防ぎながら、次のプロジェクトを開始させなければなりません。したがって、概念から製作までの時間には余裕がありません。

みるみる納期が迫るなかにあっても、工程全体で完全な正確性を確保することは非常に重要です。金型設計に欠陥があったり、金型製作工程が仮想検証されなかったために、工程の終盤に寸法のミスや金型動作のエラーが見つかると、極めて高いコストが発生します。ここでNX™ソフトウェアが活躍します。

iMFLUXの金型設計エンジニア、Mark Reagan氏は、「NXのモールド・ウィザードが工程をスピードアップします。部品を解析し、ドラフトや壁の厚さをチェックします。事前にコアとキャビティの分割を設定してくれるので、実際に製造可能かを判断できます。」と話します。

NXのモールド・ウィザード・ライブラリから、設計済みのモールドベースやハードウェアを利用することもできます。その結果、iMFLUXの設計プロセスと金型製作にかかる期間は20%短縮しました。

P&Gの全額出資による独立企業のiMFLUXは、設計を概念段階から製作まで最短で実行し、親会社が求めるスピードという強みを生かしながら、期待される水準の品質も提供しています。

シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー

ミクロン単位の精度で金型を製造する

iMFLUXの創業当初は、NX CAMのミル加工だけを使用し、一部の金型部品を加工していました。ところが、製品設計が複雑化し、それを製造するための高度で高精度な金型アセンブリが必要になり、同社はすべての加工領域を同じコンピューター支援製造 (CAM) システムに統合することを決定しました。

iMFLUXの製造チームは、ソフトウェア統合によって機動性が高まり、産業機械やコンシューマー製品の変化に適応しやすくなるだろうと気づいたのです。同社は、固定軸/多軸ミル加工や、旋盤加工、ワイヤ放電加工 (EDM)、シンカーEDMをすべてNX CAMに短期間でまとめました。

iMFLUXのCAMプログラマー、Jonathan Edwards氏は、「NX CAMによって、当社の工程が安定し、競争力が強化されました。これによって、初回歩留まりが90%台と、ほぼ廃棄がありません。」と述べています。

実際、NX CAMを工程に導入した結果、iMFLUXは現在さまざまなCNCマシンをプログラミングして、すべての金型部品 (鋼やグラファイトなど、各種材料で作られたもの) を1つのCAMソフトウェアで製作しています。プログラマーはすべてのツールパスを1つのパーツファイルタイプにまとめられるようになり、チーム内で効率よく連携できるようになりました。NXの高度な仕上げ手法は、部品品質の向上、工具寿命の延長、部品の改善、および顧客満足に貢献しています。

「お客様が求める金型は、何百万もの部品を製造でき、できるだけ保守が容易で、部品が交換可能なものです。そのためには、公差をミクロン単位、つまり1万分の1インチ単位にする必要があります。」と話すのは、iMFLUXの設計およびプロジェクト管理担当ディレクター、Brent Huxel氏です。

iMFLUXのCNCプログラマーは、加工の設定と工程についての正確なデジタルツインを定義できるNX CAMの機能を活用しています。部品や、バイス、機械全体をデジタルに再現することで、プログラマーが複雑な加工工程を簡単に作成できます。工具の動きや、ツール・ホルダーと取付具に対する部品の位置などを正確に把握したうえで、オペレーションをNXでプログラミングします。プログラムは統合されたシミュレーション・モジュールで検証されるため、設定時間が短縮し、エラーや生産時の廃棄がなくなります。

NXのポスト・プロセッサーは完全にカスタマイズが可能で、すぐに生産可能なプログラムと、工場用ドキュメント一式を出力し、最新の3軸/5軸ミリング・センターや、旋盤、EDMマシンなどのCNCマシンを効率よく稼働できます。

シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー
シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー

未来の金型製作を、いま実現する

NX CADとNX CAMの統合によって、コンピューター支援設計 (CAD) 部品モデルから金型の設計、さらには非常に高精度な金型加工に至るまで、エンド・ツー・エンドのプロセスが自動化されました。NXは、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアが提供する包括的なソフトウェア/サービス統合ポートフォリオ、Xcelerator™の一部です。

iMFLUXの製造担当バイスプレジデント、Dan Lumpkin氏は次のように述べています。「当社の基盤は部品設計と金型設計でのトップクラスの技術です。シーメンスが提供する一連の技術によって、当社は成長に何が必要かを見極められました。こうしたパートナーシップが必要でした。従来とは違う方法を模索していたからです。それを理解したテクノロジー・パートナーがソリューションをカスタマイズしてくれたことが、大きな財産でした。」

NXとTeamcenter®を導入して以来、iMFLUXでは自動金型プロセスを使用して高い生産性を実現し、会社全体で収集した知識を最適化、再利用しています。iMFLUXは現在、人、システム、リソースをシームレスにつなぐ生産プロセスを最大限に活用しています。NXとTeamcenterを導入したことで柔軟なオペレーションが可能になり、未来のニーズを今満たせるようになりました。

「私たちのような会社は失敗すると思われがちです。この業界は75年間も同じやり方が続いてきました。当社は真っ向から異を唱え、別の考え方を提案しています。お客様に受け入れてもらえると、本当にやりがいを感じます。」

シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー
シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー
シーメンスのソリューションを活用し、部品の品質改善、コスト削減、およびリードタイム短縮を実現した、革新的な金型メーカー
詳細を非表示 詳細を表示
quotation marks シーメンスが提供する一連の技術によって、当社は成長に何が必要かを見極められました。 Dan Lumpkin, 製造担当バイスプレジデント iMFLUX