DAB Pumps
Industrial Machinery & Heavy Equipment Industrial Machinery Opcenter Opcenter Execution Discrete
DAB Pumps

MOMソフトウェアの力でデジタライゼーションを推進したウォーターポンプメーカー

メストリーノ, Italy

DAB PumpsはシーメンスPLMソフトウェアのソリューションを導入し、生産を合理化、市場投入期間を短縮

Industrial Machinery & Heavy Equipment Industrial Machinery Opcenter Opcenter Execution Discrete

MOMソフトウェアの力でデジタライゼーションを推進したウォーターポンプメーカー

メストリーノ, Italy

DAB PumpsはシーメンスPLMソフトウェアのソリューションを導入し、生産を合理化、市場投入期間を短縮

quotation marks DAB Pumpsがデジタライゼーションを推進した主な理由は、自社で価値を生み出すためです。 Sandro Stramare, グループ最高経営責任者 DAB Pumps Group
課題
  • 変化する顧客要件に速やかに対応すること
  • 透明性の向上と、部署間の情報共有の改善
  • 製造現場での手作業や書類仕事の削減
  • 既存のサードパーティ製ソフトウェアと標準ディスクリート型マニュファクチャリング管理ソリューションとの統合
成功の鍵
  • 新世代の標準シーメンスMOMソリューションによるカスタマイズの必要性の削減
  • よりスマートな生産のための基盤作り
  • 既存のERPシステムと連携できるモジュール型ソリューションの導入
成果
  • 生産プロセスの合理化と顧客満足度の上昇
  • 市場投入期間の短縮
  • 製品品質と透明性の向上
  • 事務管理の工数とコストの削減

DAB Pumps

1975年に創業されたDAB Pumps S.p.A.は、水の移動と管理の技術に特化した企業です。信頼性、品質、および効率性がDABの技術の際立った特徴で、より簡単に設置できる技術と、屋内 / 住居や、公共 / 商業施設、農業 / 灌漑システムで使用、維持するためのソリューションを提供しています。

https://www.dabpumps.com/

quotation marks 多数の市販のソリューションを検討した結果、シーメンスを選びました。ソリューションを提供して終わりではなく、パートナーであろうとする姿勢を最も重視したからです。 Enrico Pana, グループ・ロジスティクス・マネージャー兼オペレーション担当デジタルマネージャー DAB Pumps Group
quotation marks DAB Pumpsがデジタライゼーションを推進した主な理由は、自社で価値を生み出すためです。 Sandro Stramare, グループ最高経営責任者 DAB Pumps Group

水の移動と管理の技術を向上させる

DAB Pumps S.p.A. (DAB Pumps) は1975年に創業され、 7か所の生産拠点、12か所の営業所、合計1500人以上の従業員を擁し、水の移動と管理の技術に特化した多国籍企業です。同社の技術の際立った特徴は、信頼性、品質、および効率性です。より簡単に設置できる技術と、屋内 / 住居や、公共 / 商業施設、農業 / 灌漑システムで使用、維持するためのソリューションを提供しています。

シーメンスがデジタル・トランスフォーメーションを支援

DAB Pumpsは、同社のデジタル・トランスフォーメーション戦略をDAB Digital Evolution (DDE) と名付け、デジタルがもたらす新たな機会を活かして同社の価値を高める新しいデジタル戦略を推進しています。

DAB Pumpsのグループ最高経営責任者 (CEO) であるSandro Stramare氏は、次のように述べています。「当社が目指すのは、柔軟な考え方でデジタル文化を構築し、革新的かつ魅力的なプロジェクトを開発し、人々に役立つ技術によるソリューションを設計することです。」

加えて、DAB Pumpsのグループ業務最高責任者 (COO) を務めるPaolo Menon氏の言葉を紹介します。「当社の『未来の工場』は、お客様と工場のクローズド・ループへの重要なステップです。これは、価値を創造する要素すべてを接続するための手段であるとともに、顧客体験を一変させるような新しいサービスおよびコネクテッド製品に対応した効果的なエンド・ツー・エンド・プロセスなのです。」

DAB Pumpsはデジタル・トランスフォーメーションを成功に導くために、複数のソフトウェアソリューションを比較し、デジタルソーシング評価を用いて最適なソリューションを探しました。徹底的な調査を経て、同社はシーメンスPLMソフトウェアの製造オペレーション管理 (MOM) ソリューションポートフォリオが自分たちのニーズに最適であると判断しました。

DAB Pumpsのグループ・ロジスティクス・マネージャー兼オペレーション担当デジタルマネージャーを務めるEnrico Pana氏は、次のように述べています。「市販のソリューションを多数検討した中からシーメンスを選びました。ソリューションを提供して終わりではなく、パートナーであろうとする姿勢を最も重視したからです。サードパーティ製システムとの統合や、ディスクリート型マニュファクチャリング機能、標準ソリューションといった点が、当社の希望に合っていました。」

DAB Pumpsは顧客が求めるものを製造します。最短の市場投入期間で、最高のコネクテッド製品を供給するために、リーン生産方式によって、生産性を損なうことなく、無駄を極力省いています。

DAB Pumpsは、シーメンスPLMソフトウェアのMESソリューションである「ディスクリート型マニュファクチャリング向けSIMATIC IT統合アーキテクチャ」を導入することで、製造プロセスを変革しました。生産プロセスの各段階をトラッキングし、すべてのウォーターポンプにシリアル番号を割り当て、生産プロセス管理における制御と可視性を強化し、ペーパーレス製造に移行しました。

さらに、シーメンスのSIMATIC IT統合アーキテクチャ製造インテリジェンスとPreactor ASも採用し、リソースの有効活用によって、プロセスの効率を向上させました。

生産プロセスの正確なマッピングのためにSIMATIC IT統合アーキテクチャ製造インテリジェンスを使用しています。このソリューションで提供される集中管理システムは事務作業と統合されており、ペーパーレス化とともに、生産プロセスやデータの可視性と管理機能が改善しました。また、Preactor ASを使うことによって、生産計画をより効率的に管理でき、顧客のニーズの変化に対応できるようになりました。

ビジネス面と技術面の課題

DAB Pumpsは、生産管理と変化する顧客要件への対応がビジネス面の主な課題であり、それには2つの原因があると考えていました。社内の情報共有に問題があるためにサイロ化につながっていたこと、そして生産活動の可視性が不十分だったことです。

技術面の課題は、手作業が多く、紙が多用され、重要な作業に関するデータ (作業指示、テスト結果、不適合) をデジタル化して共有できていないことから発生していました。重要な作業は、経験豊富でスキルの高いオペレーターが実行していました。DAB Pumpsでは、スケジューリングや仕掛品 (WIP) 管理を表計算ソフトによって手動で行い、在庫管理や品質データの収集は手作業でするか、自動ステーションにデータが放置されるという状況でした。

シーメンスのソリューションの利点

ディスクリート型マニュファクチャリング向けSIMATIC IT統合アーキテクチャとPreactor ASをベースにした製造実行システム (MES) / MOM ソリューションを導入したことにより、データのサイロ化はほぼ解消されました。今では、エンタープライズ・リソース・プランニング (ERP) システムと、製品ライフサイクル管理 (PLM) 業務システム、製造現場が双方向のコミュニケーションでつながっているので、生産現場で業務をより柔軟に、即座に管理できるようになりました。シーメンスのディスクリート型マニュファクチャリング向けSIMATIC IT統合アーキテクチャでは、WIPや、トラッキング、在庫管理に市販のソフトウェアを使用できます。さらに、電子作業指示書 (EWI) 機能や、手動と自動を組み合わせた品質管理のおかげで、オペレーターの作業も改善されると同時に、品質データの集中管理型アーカイブ作成が可能になりました。Preactor ASはディスクリート型マニュファクチャリング向けSIMATIC IT統合アーキテクチャと統合されているため、プロアクティブなスケジューリング手法に基づいて、より正確な納期回答、需要と供給の同期化、およびリソースの有効活用ができるようになりました。

Preactor ASの生産スケジューラによって、製造プロセスの同期化が改善され、可視性と管理が強化されています。その結果、DAB Pumpsはリソースの使用率と納期遵守率を上昇させた一方で、在庫水準と無駄を削減することができました。

同社はSIMATIC IT統合アーキテクチャ製造インテリジェンスを工場にも導入し、製造現場とエンタープライズシステム間の連携やデータのやり取りを改善しています。異なるソースから取得したデータを組み合わせると、データを新しいコンテキストで捉えたり、結合させることができ、データ源がどこであっても、チームリーダーは別の視点で完全にオペレーションを捉えることができます。

デジタライゼーションによってバリューチェーン全体を最適化

Stramare氏は、次のように語っています。「DAB Pumpsはデジタライゼーション以外の選択肢を考えていませんでした。私たちは世界的な流れに適応に対応しています。DAB Pumpsがデジタライゼーションを推進した主な理由は、自社で価値を生み出すためです。全社的なデジタライゼーションによって、社内の全部門からより多くの価値が生み出されるものと確信しています。デジタライゼーションは世界規模の経済活動に画期的な変化をもたらすだけでなく、企業の効率性を高め、生産やセールスプロセスの価値を拡大したり、新たに生み出したりするとも確信しています。だからこそ、私たちはデジタライゼーションのよさを強く信じ、プロセスのデジタライゼーションを推進していきます。」

詳細を非表示 詳細を表示
quotation marks 多数の市販のソリューションを検討した結果、シーメンスを選びました。ソリューションを提供して終わりではなく、パートナーであろうとする姿勢を最も重視したからです。 Enrico Pana, グループ・ロジスティクス・マネージャー兼オペレーション担当デジタルマネージャー DAB Pumps Group
ご質問はありますか?