船舶の設計とエンジニアリングの統合

水中用の統合された船舶モーター設計

今日の造船市場では、より環境に優しく、スマートで、ハイテクな船舶が求められています。造船企業が競争力を保つためには、スケジュール、予算、および品質を守って、船舶を提供することが必要です。弊社の統合された船舶設計とエンジニアリングソリューションによって、設計スパイラルの管理が可能になります。複合領域の設計データや、プロセス、ツールをすべて、統合された環境に集約することで、情報やコラボレーションのサイロが解消され、イノベーションが促進され、組織の生産性が向上します。

今日の造船市場では、より環境に優しく、スマートで、ハイテクな船舶が求められています。造船企業が競争力を保つためには、スケジュール、予算、および品質を守って、船舶を提供することが必要です。弊社の統合された船舶設計とエンジニアリングソリューションによって、設計スパイラルの管理が可能になります。複合領域の設計データや、プロセス、ツールをすべて、統合された環境に集約することで、情報やコラボレーションのサイロが解消され、イノベーションが促進され、組織の生産性が向上します。

船舶の設計とエンジニアリングを統合することによる造船のデジタライゼーション

Learn More

今日の造船企業は、ますます厳格になる環境規制に適合するため、かつてないほど船舶効率を改善し、排出量を削減するよう迫られています。しかも、世界経済の減速が海運需要を直撃し、それが新規受注市場にも波及しています。競争の激化によって、造船企業は納期の短縮や船舶のライフサイクルコスト削減を受け入れざるを得ません。さらに、造船業界のあらゆる部門でより多機能でハイテクな船舶への需要が高まり、設計の複雑化に伴うリスクをいかに管理、軽減するかが造船企業の大きな課題となっています。

設計とエンジニアリングにかかるコストは、船舶の建造コスト全体の5~10%にすぎませんが、設計とエンジニアリングの影響は建造コストの85%に及びます。一方、船舶性能の約90%は設計とエンジニアリングの段階で決まります。プロジェクトの最初から適切に実行することが、成功には欠かせないのです。

船舶の設計とエンジニアリングを統合させたシーメンスのソリューションは、デジタライゼーションの力で情報とコラボレーションのサイロを解消し、開発時間、コスト、およびリスクを減らします。別の言い方をすれば、設計スパイラルを掌握し、未来の海へと全速力で前進していけます。

船舶の設計とエンジニアリングを統合することによる造船のデジタライゼーション
主なユーザー事例

BAR (Ben Ainslie Racing) Technologies

Siemens solutions help take racing performance into the leisure sector

BAR Technologies uses Siemens Digital Industries software solutions to create a new class of sport yacht

Siemens solutions help take racing performance into the leisure sector

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 57 分

イネオス・チームUK:第36回アメリカズカップに向け、究極のレース用モノハル (単胴艇) を開発

イネオス・チームUKの第36回アメリカズカップ1号艇「ブリタニア」

デジタル・ツインを活用して、より高度なイノベーションをより早く実現したイネオス・チームUKの事例を紹介します。

ウェビナーを視る