デジタル船舶建造

デジタル造船所に向けて:  シーメンスのデジタル船舶建造ソリューションで、建造工程をシミュレーションします。

環境や安全に関する規制の厳格化とカスタマイズ機能への要求の高まりによって、複雑な船舶の需要が増えています。複雑化の波は製造現場にも影響を与えています。また、競争が激化し、経済の先行きがますます不透明になるなかで、造船会社は生産コストの削減と市場投入期間の短縮を迫られています。造船業界で競争力を維持するためには、仕様、納期、予算を守って納入しなければなりません。すでに利益率がこれほど低い状況で、造船会社が品質を犠牲にすることなくさらに生産コストを抑える方法はあるのでしょうか?

環境や安全に関する規制の厳格化とカスタマイズ機能への要求の高まりによって、複雑な船舶の需要が増えています。複雑化の波は製造現場にも影響を与えています。また、競争が激化し、経済の先行きがますます不透明になるなかで、造船会社は生産コストの削減と市場投入期間の短縮を迫られています。造船業界で競争力を維持するためには、仕様、納期、予算を守って納入しなければなりません。すでに利益率がこれほど低い状況で、造船会社が品質を犠牲にすることなくさらに生産コストを抑える方法はあるのでしょうか?

拡張現実などの新しい技術を活用して、船舶建造プロセスを合理化します。デジタル造船所では、船舶建造のための作業指示書をタブレットで簡単に参照できます。

Learn More

大部分の造船プロジェクトにおいて、総コストの80~90%は建築資材費、人件費、設備費、システムサプライヤーへの経費、諸経費など、建造段階の支出です。そのため、効率的なプランニングを行うことで、最終収益が劇的に変わります。

デジタル船舶建造ソリューションを統合した仮想造船環境では、1枚目のプレートを切断する前であっても建造工程全体をシミュレーションできます。これによって、船舶の生産シーケンスを最適化し、設計変更やシーケンスに含まれない作業を最小限に抑えられます。船舶関連の全データは包括的な船のデジタル・ツインで維持管理され、信頼できる唯一の情報源として使用され、プロジェクト進捗状況のリアルタイムでの共有や、関係者全員の (サプライヤー、委託先、連帯保証人、船級協会、顧客まで) 効率的なコラボレーションが実現します。

さらに、造船所のデジタル・ツインを導入し、造船所を資本資産として管理することもできます。最も重要な生産設備の健全性をモニタリングして予知保全を行い、計画外のダウンタイムや生産の遅れを防ぎます。シミュレーションは造船所のレイアウト最適化にも使用できます。効率が上がり、設備の購入前にROIを検証することも可能です。

造船は複雑なプロセスです。コストを削減し、品質を犠牲にすることなくコストを削減し、生産性を向上させるためには、造船プロセスを細かく調整し、できる限り自動化することが必要です。デジタル・ツイン技術を活用することにより、デジタル造船所の現在の製造プロセスでのリスクと非効率性を最小限に抑え、複雑さを競争優位性に転換することができるのです。

拡張現実などの新しい技術を活用して、船舶建造プロセスを合理化します。デジタル造船所では、船舶建造のための作業指示書をタブレットで簡単に参照できます。
主なユーザー事例

Hyundai Heavy Industries

World’s largest shipbuilder creates first digital shipyard environment to improve productivity in Korea

Using Siemens Digital Industries Software technology, Teamcenter and Tecnomatix, HHI implemented the first PLM infrastructure specialized for shipbuilding, resulting in significantly improved information sharing and efficiency

詳細情報