生産計画とスケジューリング

生産計画とスケジューリング

デジタライゼーションは、リーン製造プロセスとアジャイル製造プロセスの実装を支援する重要なコンセプトです。シーメンスの産業機械 / 重機業界向け生産計画およびスケジューリングソリューションは、計画者 (オーナー経営者から設備OEMまで) が協調してデジタル・エンタープライズ内で生産プロセスを最適化し、効率と柔軟性を改善して市場投入期間を短縮できるツールスイートを提供します。

デジタライゼーションは、リーン製造プロセスとアジャイル製造プロセスの実装を支援する重要なコンセプトです。シーメンスの産業機械 / 重機業界向け生産計画およびスケジューリングソリューションは、計画者 (オーナー経営者から設備OEMまで) が協調してデジタル・エンタープライズ内で生産プロセスを最適化し、効率と柔軟性を改善して市場投入期間を短縮できるツールスイートを提供します。

生産計画とスケジューリング

Learn More

計画とスケジューリングは2つの異なる作業です。生産計画が長期的なものであるのに対し、スケジューリングは短期的です。数分のものもあれば数週間、数か月のものもあります。事業の生産計画とスケジュールを両方策定して利益を増やし、顧客サービスの向上につなげます。

シーメンスの生産計画およびスケジューリングソリューションは、設備OEMからオーナー経営者まで、中小企業 / 大企業を問わず生産計画とスケジューリングのツールスイートを提供します。このソリューションは、高度な演算を使用してさまざまな制約や固有のビジネスルールを考慮しながら、達成可能な生産スケジュールを解析して算出します。設計者がこのソリューションを使用することで、複数のシナリオを作成して評価し、変更に素早くインテリジェントに対応できるようなります。

生産計画とスケジューリングのオペレーションを全体の製造オペレーションにデジタル接続することで、部門間のコミュニケーションを促進し、在庫を削減できます。生産サイクルを短縮して、顧客サービスのレベルを向上させることも可能です。

生産計画とスケジューリング

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

Advanced Constraint Modeling

作業工程間の時間制限や制限拡張の可否など、高度なリソース制約と作業工程間制約をモデル化します。

Advanced Material Handling

顧客独自のルールを実装して、材料の管理・消費方法を考慮します。

Advanced Schedule Optimization

追加の製造スケジュール最適化ルールを定義して段取り替え時間を最小化し、優先順位付けとキャンペーンを考慮します。

Assembly Process Visualization

原材料から完成品、販売品までの生産プロセスと材料の依存関係を視覚化して、不足が発生する箇所を予測します。

BOM Level Planning

資産計画BOMを基に提案された購入要件の影響を計算し、ERPシステムやExcelなどにエクスポートして必要な処理を行います。

Development Environment (Ultimate)

特定のスケジューリング問題を解決するために、必要に応じてデータベーススキーマにアクセスして変更を加え、ワークフローエンジンで使用するカスタムデータ操作ツールを作成します。

Interactive Schedule Viewing

スケジュールを表示、検索して相互にやり取りすることで、注文の進捗状況を追跡し、生産のパフォーマンスを評価して最新の作業リストを提供します。

Interactive Schedule Visualization

マスター機械生産スケジュールを在庫と容量のグラフで表示します。これを編集して、関連するプロット図や格子図に視覚的に変更を反映させます。

Make-To-Order Planning

将来の需要変化の影響を評価し、新しい製造オペレーション要件を充足できるかどうかを迅速に評価します。

make-to-stock environment, you can generate accurate and achievable master production schedules (MPS) considering rough cut capacity, pack forward figures, target days of stock cover, manufacturing preferences, minimum and maximum re-order quantities, re-order multiples and product shelf life. Production capacity can be specified as a quantity, duration or weight. By using the Preactor calendar system capacity, production capacity can be varied over time. The capacity available then limits the production volume created in each period.

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。