本文へ移動

次世代の金型、ツーリング、ダイ設計

生産性の改善とターンアラウンドタイム短縮のためにマルチタスク工作機械を取り入れたツーリング設計プロセスでは、複数のデータ形式が使用されるようになっています。この結果、OEMとのコミュニケーション、コラボレーションの必要性が高まる一方、ツーリング設計プロセスの複雑化によってターンアラウンドタイムが却って長期化したり、金型品質が低下するリスクが出てきました。シーメンスの次世代金型、ツーリング、ダイ設計ソリューションは、同期技術​​を活用してマルチCADデータを効率的に処理、変更します。金型設計の早期検証を行って部品のターンアラウンドタイムを短縮し、最終設計の品質を向上させて競争力を高めます。

生産性の改善とターンアラウンドタイム短縮のためにマルチタスク工作機械を取り入れたツーリング設計プロセスでは、複数のデータ形式が使用されるようになっています。この結果、OEMとのコミュニケーション、コラボレーションの必要性が高まる一方、ツーリング設計プロセスの複雑化によってターンアラウンドタイムが却って長期化したり、金型品質が低下するリスクが出てきました。シーメンスの次世代金型、ツーリング、ダイ設計ソリューションは、同期技術​​を活用してマルチCADデータを効率的に処理、変更します。金型設計の早期検証を行って部品のターンアラウンドタイムを短縮し、最終設計の品質を向上させて競争力を高めます。

Learn More

金型メーカーは競争力を維持するために、製造プロセス全体を同期させて機械効率を最大化し、フィーチャーベースのコストを監視しながら、定義した生産目標を達成する必要があります。シーメンスの次世代次金型、ツーリング、ダイ設計ソリューションは、JT、STEP、IGESなどのニュートラルな形式を含む複数のCADシステムからデータを読み取って修正する機能を備えているため、非効率的な製造プロセスを打開するのに役立ちます。同期テクノロジーにより、インポートした複数のデータ形式を必要に応じて変更できるようになるため、時間もかかり、エラーの発生しやすい変換は不要になり、金型設計の作成と変更を素早く直感的に行えるようになります。

こうして作成した高品質の金型設計を製造プロセスへ入力データとすることで、機械加工の効率を最大化し、競争力を高めることができます。CAD設計ツールを使用すると、機械加工用の金型を素早く準備できます。CNCプログラミングによる高速機械加工を実行して高品質の加工面を作成できます。

OEMとエンジニアリング、プランニング間の緊密な連携により、製造チームはコラボレーションを進めて、製造プロセスを正しく制御することが可能です。この統合ソリューションは、CAD-CAM-CMM-CNCプロセスを最適化することで効率的な設計変更管理を実現します。その結果、工作機械の効率が高まり、生産目標を達成できるようになります。

主なユーザー事例

Haidlmair

作業時間を短縮し、品質を向上し、エラーを削減する射出成形金型メーカー

NXとTeamcenterを使って経営層から工場まで一貫したデータフローを実現するHaidlmair

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 61 分

最高品質の射出成形金型の生産期間をエンド・ツー・エンドのデジタライゼーションで40%短縮

プラスチック射出成形金型

複雑さに対応し、初回から高品質のツーリングを提供することで、競争優位を維持

ウェビナーを見る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

Adaptable Integrated BOM

構造化BOMで、複雑な金型、ツーリングプロセスの数百にのぼるエンジニアリング変更を管理できます。顧客要件および一貫したBOM構造との整合性を確保するプロセスを使用して、カスタム金型、ツーリングをリリースします。

Aero Structures Design

概念から詳細設計、解析、製造、そしてその先にまで対応するツールを統合したNXは、設計の生産性を高めて航空会社からの要求を満たすだけでなく、それ以上の成果を発揮します。NXを活用すると、より短い時間により多くの設計反復作業が可能になるため、優れた製品をさらに速く市場投入できるようになります。

Automotive Design

消費者の嗜好の変化と法規制の圧力により、自動車メーカーは車両の性能と設計を向上させる新たな方法の模索を余儀なくされています。こうした圧力は、設計およびエンジニアリングプロセスに大きな影響を及ぼします。NXは、概念設計から製造まで、完全に統合された製品開発システムを提供する統合設計ツールスイートです。

CAE Simulation

金型、ツーリング設計の初期段階に複数領域シミュレーションのツールを使用して、最適なソリューションを素早く繰り返し利用します。経験の少ないエンジニアでも、設計が変更されたときに、ユースケースが複雑になる前に構想を評価できます。

Composite Design and Manufacturing

複合材製造データ (自動切削機械、レーザー・プロジェクション・システム、ファイバープレースメント装置、テープ積層装置で使用するフラットパターンやデータなど) を自動生成し、生成したデータを下流および社内全体で共有します。

Design for Additive Manufacture

アディティブ・マニュファクチャリング・テクノロジーを活用した設計を構築することで、複雑な設計課題を解決して、軽量化と機械特性の向上を実現できます。モデルを試作用部品に直接変換できるため、構想設計の時間が短縮します。

Design Interoperability

今日の製品は、そのほとんどが多数の電子機器を統合し、劇的に複雑化しています。機械系設計者と電気系設計者は、開発プロセス全体を通して連携し、設計が完了する前にシステム間の競合を回避して、相互調整する必要があります。

Design Validation

エンジニアは、非ジオメトリックデータを機械設計内で容易に視覚化して検証し、情報に基づいた意思決定を行うことができます。進行を監視してリスクを管理し、影響を解決することで、数百にのぼる判断も系統的に下せます。

Digital Mockup

複数のデータ形式を使用してサードパーティ・ソリューションプロバイダーとの設計互換性を確保して、完全なデジタルモックアップを構築します。大規模なアセンブリをすばやくロードして、顧客の設計検証を実行します。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
ご質問はありますか?