本文へ移動

サービスのライフサイクルと解析

シーメンスのサービスライフサイクルおよび解析ソリューションを使用すると、産業機械メーカーはモジュール式の機械設計アプローチを活用して、互いに通信できる分散型の自律型機械を生産する製品開発プロセスを実現できます。サービスエンジニアは、IoT (モノのインターネット) を活用して現場の機械 (フィジカル・ツイン) から情報を収集し、PLMシステム内のエンジニアリングの知見 (デジタル・ツイン) と結びつけることで、産業機械メーカーに競争優位性をもたらします。

シーメンスのサービスライフサイクルおよび解析ソリューションを使用すると、産業機械メーカーはモジュール式の機械設計アプローチを活用して、互いに通信できる分散型の自律型機械を生産する製品開発プロセスを実現できます。サービスエンジニアは、IoT (モノのインターネット) を活用して現場の機械 (フィジカル・ツイン) から情報を収集し、PLMシステム内のエンジニアリングの知見 (デジタル・ツイン) と結びつけることで、産業機械メーカーに競争優位性をもたらします。

Learn More

デジタライゼーションによって、ビジネスモデル、イノベーションの実現方法、製品の製造方法、サービスの提供方法など、生活のあらゆる側面が変わりました。こうした変革と混乱を背景に、機械メーカーのサービスエンジニアは、複雑さをどのようにスマート機械の進化につなげるのか、スマート機械を現場でどのように整備するのか、といった課題に頭を抱えています。シーメンスのサービスライフサイクルおよび解析ソリューションは、産業機械の概念設計から製造に至るプロセスを加速するように設計されています。フィールドサービスの要件を追跡して現場の問題を解決し、設計、テスト、製造プロセスに現場の情報を取り込む独自の機能により、製品ライフサイクルの継続的な改善を実現します。

機械の設計・開発から製造、納入、最終顧客による使用まで、サービスエンジニアが情報に基づいた意思決定を行うすべてのステップで、高度な解析が必要とされています。収集、処理、解析するデータが増加するにつれ、複雑化も進みます。製品、工場、システム、機械データの接続が進むなか、モノのインターネット (IoT) の果たす役割は重要性を増しています。

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

Business Intelligence & Reporting Tools

シーメンスのレポート作成および解析ツールは、ライフサイクル全体を通して複数のデータソースから生成されたデータを収集、集約するWebベースの使い易いソリューションを提供します。

Document Authoring Tool Integrations

ドキュメントを製品構造に関連付けて、他のすべての製品関連情報と同じシステムでドキュメントと技術文書を管理し、承認されたドキュメントに署名してリリースします。

Environmental Compliance & Product Sustainability

製品ライフサイクル管理 (PLM) をベースに、持続可能性に向けたフレームワークを構築して環境規制の遵守をサポートします。これにより、持続可能性の低い物質や規制物質を製品から排除し、革新的で新しい「グリーン」な製品を設計できるようになります。

In-service Process & Data Management

物理的な製品や関連情報 / プロセスを管理する機能、特に仕上がり時、メンテナンス (サービス) 時のテストデータを管理する機能を提供し、物理的な製品のサービスに関連する機能を実行します。

Lifecycle Analytics

現場の機械 (フィジカル・ツイン) から情報を収集し、PLMシステム内のエンジニアリングの知見 (デジタル・ツイン) と結びつけることで、製品性能を改善するために必要な知見を提供します。

Production Planning & Scheduling

シーメンスの製造実行管理 (MES) ソリューションは、生産効率、品質、可視性、生産最適化を組み合わせて、高い製造応答性を実現する機能を機械メーカーに提供します。

Service Engineering & Support

既存の製品知識を活用してサービス要件、サービス計画、サービス指示を決定し、製品の出荷前に作成、検証、文書化します。

Service Execution & Management

完全に定義されたライフサイクルの部品表 (BOM) を活用して、サービス・オペレーションからの収益を増やし、資産の追跡と使用を改善します。

Technical Publishing

ドキュメントの作成・管理プロセスをPLM環境に組み込むことで、紙ベースの手作業で発生する重複情報や古くなった情報を排除して、開発プロセスの効率と精度を高めることができます。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。