モジュール設計 HVAC

HVACシステムの面積、効率性、性能、耐久性のバランスを取る作業は、複数の目的を同時に最適化するという複雑な課題を伴うものであり、理想的な設計にたどり着くまでに非常に多くの反復タスクを必要とします。さらに、オゾン層破壊冷媒から中立冷媒への切り替え、自家発電、廃熱利用システム、空気フィルターと空気品質モニター、高コスト効果の可逆性ヒートポンプなど、進化する冷媒要件とインフラの変化がHVACメーカーとビル開発企業にさらなる調査負担を課してします。

エンジニアリングプロセスの複雑性に効果的に対処し、効率性を維持するにはどうすれば良いのでしょうか。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの提供するモジュール設計アプローチは、標準部品、システム・アーキテクチャー、拡張レイアウトのデータベースを作成し、それをより広範な組織全体に展開します。

HVACシステムの面積、効率性、性能、耐久性のバランスを取る作業は、複数の目的を同時に最適化するという複雑な課題を伴うものであり、理想的な設計にたどり着くまでに非常に多くの反復タスクを必要とします。さらに、オゾン層破壊冷媒から中立冷媒への切り替え、自家発電、廃熱利用システム、空気フィルターと空気品質モニター、高コスト効果の可逆性ヒートポンプなど、進化する冷媒要件とインフラの変化がHVACメーカーとビル開発企業にさらなる調査負担を課してします。

エンジニアリングプロセスの複雑性に効果的に対処し、効率性を維持するにはどうすれば良いのでしょうか。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの提供するモジュール設計アプローチは、標準部品、システム・アーキテクチャー、拡張レイアウトのデータベースを作成し、それをより広範な組織全体に展開します。

Learn More

多くのHVAC (暖房、換気、および空調) システムは、コンプレッサー、バルブ、ポンプ、ファン、空気処理ユニット (AHU)、ファンコイル装置 (FCU) など、性能曲線がそれぞれ異なる複数のコンポーネントで構成されます。稼働負荷にも幅があるため、HVACシステムの性能最適化には、コンポーネントごとのカスタマイズやサイジングなどいくつもの課題に対処しなければならず、コンポーネントを個別にカスタマイズするにもコストの制限があります。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのマルチフィジックス統合型ソリューションをHVACメーカーが使用することで、モジュール設計アプローチを通じて、製品を独自にカスタマイズし、拡張性のある技術を実装できます。モジュール設計アプローチを使用してシミュレーション経験を積み上げるとともに、複数のエンジニアリングセンターに同じ手法を展開することで、HVACメーカーは、許容構成の標準化、リスクの低減、繰り返しタスクの排除、製品イノベーションの加速を実現します。

ソリューションの機能

ご質問はありますか?