製造 / 生産機械のパフォーマンスエンジニアリング

これからの高度な生産機械のエンジニアリングには、新たなアプローチが必要です。機械、電気、電子、ソフトウェア・システムの性能は一体となって、顧客の期待を上回るものでなければなりません。Simcenterによって、コンセプトから検証、インサービス展開に至るまで、高度な機械のエンジニアリング、シミュレーション、仮想コミッショニングが可能です。

これからの高度な生産機械のエンジニアリングには、新たなアプローチが必要です。機械、電気、電子、ソフトウェア・システムの性能は一体となって、顧客の期待を上回るものでなければなりません。Simcenterによって、コンセプトから検証、インサービス展開に至るまで、高度な機械のエンジニアリング、シミュレーション、仮想コミッショニングが可能です。

Learn More

機械がより複雑化している今日、機械メーカーの成功は、著しく複雑化した機械設計に対処できるかどうかにかかっています。機械のエンジニアリングでは、機械の構造的、機械的、また熱条件下での動作、ノイズおよび振動、油圧の性能、ソフトウェアや制御システムが機械システムの性能に及ぼす影響を考慮する必要があります。物理試作機による試験にのみ頼っていたのではコストがかかりすぎて現実的ではないため、機械のパフォーマンスエンジニアリングにはシミュレーションが重要なツールになりつつあります。

設計段階でシミュレーションを使って複雑な機械の性能を正確に予測し、限られた回数の試験結果とエンドユーザーの製品使用結果をシミュレーション結果と比較するクローズド・ループの検証を実現することによって、イノベーションをより迅速に、確信を持って実現できます。機械的な機能と電子機器、ソフトウェア、および制御をうまく統合するには、シミュレーションと試験のワークフローの分断や多数の試作機の作成といった、従来のプロセスの欠点を克服した開発方式が必要です。

デジタル・ツインは、より効果的に要件間の適正なバランスを判断するうえで役に立ちます。さらに、同期状態が維持される真のデジタルツインでは、出荷後も継続してパフォーマンスを最適化できるため、スマートな機能を実現できます。

シーメンスの包括的なシミュレーションおよび試験ソリューションは、デジタル・ツインの構築と管理に必要なすべての機能を完全に網羅しています。複合領域の設計探査、エンジニアリング・シミュレーションおよび試験にインテリジェントなレポート作成やデータ解析を組み合わせることで、製品ライフサイクル全体を通じた実製品の挙動予測が可能です。

主なユーザー事例

RONCHI MARIO

イタリアの大手産業装置メーカーがSimcenter Amesimを選択してパフォーマンスを加速

イタリアの大手産業装置メーカーがSimcenter Amesimを選択してパフォーマンスを加速

RONCHI MARIO、Simcenter Amesimを使用して充填機の性能を最適化

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 42 分

生産 / 工作機械の効率性と生産能力を高める方法

機械の効率性と生産能力を高める方法をコンピューターで検討している女性

このウェビナーは、機械の効率性と生産能力を高めるという観点からシステム・シミュレーションの原理と仕組みを説明します。システム・シミュレーションは、開発サイクル早期に機械性能を評価することで、あらゆる性能属性、エネルギー効率、生産レートのバランスを見極め、最良のトレードオフを導きます。

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。