本文へ移動

デジタル・モックアップ、仮想現実 (VR) および拡張現実 (AR)

製造オペレーションのグローバル化が進むなか、異なるチームどうしができるだけ効果的にやり取りし、コラボレーションできることが重要になっています。シーメンスの産業機械業界向けデジタル・モックアップ、拡張現実および仮想現実ソリューションは、ライフサイクル全体のビジュアル化とモックアップの技術です。この技術により設計チームは、数千の部品やコンポーネントで構成される高度なデジタルプロトタイプ (製品デジタル・ツイン)を作成し、仮想世界に没入して開発を進めることができます。

製造オペレーションのグローバル化が進むなか、異なるチームどうしができるだけ効果的にやり取りし、コラボレーションできることが重要になっています。シーメンスの産業機械業界向けデジタル・モックアップ、拡張現実および仮想現実ソリューションは、ライフサイクル全体のビジュアル化とモックアップの技術です。この技術により設計チームは、数千の部品やコンポーネントで構成される高度なデジタルプロトタイプ (製品デジタル・ツイン)を作成し、仮想世界に没入して開発を進めることができます。

Learn More

機械メーカーが直面しているのはグローバル化の問題だけに限りません。機械要件と設計の複雑化も非常に大きな課題です。シーメンスのライフサイクルのビジュアル化ツールには、高度なデジタル・モックアップを使用して完全なデジタルプロトタイプを組み立て、先端解析 (製品全体の静的 / 動的クリアランス解析など) を実行し、問題を初期段階に検出できるという優れた特長があります。仮想現実 (VR) は、没入型VR環境内で素早くフィーチャーを操作できる機能を提供します。3Dモデルを適切なスケールで表示して解析し、標準的なデジタル・モックアップ (DMU) 操作 (断面表示、位置調整、マークアップ作成、他ユーザーとの情報共有など) を実行できます。

仮想現実 (VR) システムは、実物と同じ1:1スケールの現実的な仮想環境で仮想製品を検証できるため、多くの組織部門にとって効果的なツールです。シーメンスのデジタル・モックアップ、仮想現実および拡張現実ソリューションを使用すると、人間工学的要素 (視線、手の届きやすさ、クリアランスなど) を評価して競合の問題を初期段階に解決できるため、設計判断が改善します。

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
ご質問はありますか?