オートメーション・エンジニアリングおよびコミッショニング

オートメーション・エンジニアリングおよびコミッショニング

競争の激化した今日のグローバルな製造環境で、機械メーカーは競争優位性を確保しようと市場投入期間の短縮を模索しています。シーメンスのオートメーション・エンジニアリングおよびコミッショニング・ソリューションを導入することによって、メーカーは、デジタル・ツイン、つまり仮想機械モデルを実際の制御システムに接続して、実際の稼働条件下で機械設計をテストすることで、システム全体の検証を可能にし、工作機械のコミッショニング (試運転) 時間を大幅に短縮し、故障を可能な限り早期に発見することができます。

競争の激化した今日のグローバルな製造環境で、機械メーカーは競争優位性を確保しようと市場投入期間の短縮を模索しています。シーメンスのオートメーション・エンジニアリングおよびコミッショニング・ソリューションを導入することによって、メーカーは、デジタル・ツイン、つまり仮想機械モデルを実際の制御システムに接続して、実際の稼働条件下で機械設計をテストすることで、システム全体の検証を可能にし、工作機械のコミッショニング (試運転) 時間を大幅に短縮し、故障を可能な限り早期に発見することができます。

Learn More

今日の自動化と柔軟性に優れた機械製造システムは、すべてプログラマブル・ロジック・コントローラ (PLC) プログラムによって制御されています。このプログラムには、高度なツール、ロボット、輸送ライン、およびその他の安全装置が備えられています。メーカーは、PLCプログラミングを活用して、設備全体のツールを完全に再編成する必要なく、生産ラインを変更できます。ただし、生産ラインを変更したときは、実際の設備に合わせてPLCプログラムをデバッグする間、生産停止を余儀なくされます。

シーメンスのオートメーション・エンジニアリングおよびコミッショニング・ソリューションによって、機械のオートメーションとともに、機械システムと電気システムの共同開発が可能になり、機械メーカーは、PLCコードを実際の機器にダウンロードする前に仮想環境でデバッグできるようになります。オートメーションシステムを仮想的にシミュレーションして検証することによって、コンセプトからコミッショニングまでシームレスなエンジニアリングを実現し、設備投資費を大幅に削減して実機への損害を抑え、部品製造プログラムの初回検証を仮想環境で実施できるようにします。

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。