本文へ移動

ソフトウェア・エンジニアリング

ソフトウェア・エンジニアリングでは、統合型製品開発戦略が活用されます。ソフトウェア開発 (組み込みおよび非組み込みのいずれも) は総合的なアプローチの中で行われ、クローズドループ性能評価が可能です。ALMとPLMの双方向の統合はデジタル・ツインの構築に役立ちます。

ソフトウェア・エンジニアリングでは、統合型製品開発戦略が活用されます。ソフトウェア開発 (組み込みおよび非組み込みのいずれも) は総合的なアプローチの中で行われ、クローズドループ性能評価が可能です。ALMとPLMの双方向の統合はデジタル・ツインの構築に役立ちます。

Learn More

ソフトウェア関連の品質問題が原因でリコールや保証問題が発生することが増えてきました。1つには仕様要件を理解するのが難しいことが挙げられます。緊密に統合された開発環境のもとで、ソフトウエアアプリケーションのすべての条件をテストするとともに、出荷後にもソフトウェアのアップデートを遂行するのは困難です。ソフトウェアのプログラミング領域全体の品質を管理するプロセスなしでは、クレーム費用が急増しかねません。 

この10年ほどの間に、組み込みソフトウェアを実装した重機産業向け製品が飛躍的に増大しています。機械、電気、電子の変更にともなうソフトウェアの変更管理は複雑であるため、企業は、変更が発生したら、製品品質、互換性、エンジニアリング信頼性といった複数の領域で同時並行的にその影響を解析し、管理できるプロセスを必要としています。 

製品イノベーションと全体的な品質向上のための新機能の90%以上が組み込みソフトウェアシステムによるものだという推計からも分かるとおり、ソフトウェアに依存する度合いがますます高まっています。ソフトウェアエンジニアリングが進化を続けるなか、完全なソフトウェアアプリケーションの効率的な開発に必要なすべてのプロセスタスクに対応できる単体ツールはもはや存在しません。堅牢なALMツールを導入し、必要な拡張機能を付加しながら、プロセスすべてに対応できるフローを編成することが求められています。シーメンスの 

ソフトウェア・エンジニアリングソリューションは、ばらばらのツールやプロセスを統合的な設計ソリューションへと変換させます。ソフトウェア機能と機械 / 電気機能を組み合わせることで完全なデジタル・ツインを実現するほか、開発工程の全般を通じて、変更影響解析を製品に常に反映させることができます。

ライブ・ウェビナー

Vos données PLM dans le cloud

Vos données PLM dans le cloud

Aujourd’hui plus qu’auparavant, il est important de renforcer la collaboration et l’agilité pour maintenir l’innovation et la performance des produits. Comment les solutions dans le cloud peuvent vous y aider ?

ウェビナーに登録

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

Aero - DO-178C

Uncouple complex development processes at the work item level to accelerate innovative development while at the same time easing proof of compliance with DO-178C.

Auto - Functional Safety - ISO26262

Accelerate Functional Safety compliance for ISO 26262, Automotive SPICE and CMMI standard.

Bill of Materials Management

ソフトウェア構成を機器の視点で管理し、顧客要件やグローバルな製造要件に基づいて機械バリエーションを高度に定義します。

Extensions

コード管理からパフォーマンス管理、試験の自動化、構築の自動化までALMのニーズを満たす包括的なツールエコシステムです。

ISO14971

Comprehensive, automated history of all artifacts facilitates proof of compliance - Integrate risk management processes leveraging the ISO 14971 template.

PLM-ALM Integration

変更が発生すると、製品品質、互換性、トレーサビリティー、エンジニアリング信頼性に関わる複数領域を対象として同時並行的に影響分析が行われます。

Product Requirements Engineering

製品要件を高位のソフトウェア要件 / 仕様に分解、カスケード化することで、製品要件を理解、管理します。

Software Agile/Hybrid Project Management

最新のアジャイル手法と従来の手法の両方に対応したすぐに利用可能なプロジェクトテンプレートが用意されています。

Software Audits, Metrics & Reports

詳細な解析とリアルタイムのステータスレポートにより、意思決定とプロジェクト実行を改善します。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
ご質問はありますか?