運用性と生産性

運用性と生産性

重機の重機の運用性と生産性を高め、顧客の運用コストを抑えます。システムシミュレーションツールとCFDなどの3D解析ソフトウェア、試験ソリューションと関連サービスを組み合わせたシーメンスのソリューションは、設計の着手から、コンポーネントの最適化、制御戦略の微調整、最終製品の試作品でのテストにいたる開発サイクルのすべての段階を支援します。

重機の重機の運用性と生産性を高め、顧客の運用コストを抑えます。システムシミュレーションツールとCFDなどの3D解析ソフトウェア、試験ソリューションと関連サービスを組み合わせたシーメンスのソリューションは、設計の着手から、コンポーネントの最適化、制御戦略の微調整、最終製品の試作品でのテストにいたる開発サイクルのすべての段階を支援します。

Learn More

重機メーカーは、顧客の事業ビジョンを支える資産の1つとして、運用コストの抑制を掲げています。これは、設計中の最も重要なエンジニアリングタスクの1つである運用性と生産性の最適化を意味します。

重機産業の設計エンジニアは、複数のアーキテクチャーを評価して、最大限の効率性でジョブを遂行する適切なアーキテクチャーを選定すること、最もバランスの取れた低コストの設計を実現することという課題に向き合っています。

そのためには、最大効率でジョブを遂行できるアーキテクチャーを選び、改良しなければなりません。それは、でこぼこ道で大量の土砂を運ぶ掘削機であろうと、耕作、作付け、水やり、収穫などを行う耕運機であろうと、または採掘、整地、運搬を担う建設機械であろうと変わりません。

こうした課題に対峙しているエンジニアにとっては、開発サイクルの初期段階から機能パフォーマンスに優れた各種システムアーキテクチャーを評価する機能と、設計した装備を最終段階で最適化する機能とを備えたツールが必要です。最初から正しい選択をすることで、最終製品の完成までに必要とされる物理試作品の数を減らすことができます。

主なユーザー事例

Amazonen-Werke H. Dreyer GmbH & Co. KG (AMAZONE)

Agricultural technology firm uses Simcenter, NX and Teamcenter to reduce time from concept to product

Siemens Digital Industries Software solutions enable AMAZONE to maintain its reputation for innovation and quality

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 37 分

重機の課題を解決するデジタル・ツインの利点

デジタル・ツインの利点に注目し、重機の操作性と効率 (生産性、信頼性、快適性と安全性を含む) を改善するイノベーションを工学的観点から考察します。

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。

Simcenterを使用して掘削機のエネルギー効率を改善

Doosanのシニア調査エンジニアであり、Simcenter Amesimを10年にわたり使い続けているKang Byeong IL氏がSimcenterのシステムシミュレーションによって掘削機のエネルギー効率を迅速に評価する方法を説明します。同社が市場シェアを高めて、競争力を維持しているかの秘密が明かされます。