燃費 / エネルギー管理

燃費 / エネルギー管理

エネルギー管理に関する意思決定は、重機開発のさまざまな要因 (HVAC、冷却システムなどの燃料消費、排出、パワートレインの選択、熱システムの性能など) に影響を与えます。このため、概念設計の早い段階に、重機装置全体のレベルでエネルギー管理に関する正しい意思決定を下すことが非常に重要です。設計プロセス終盤では、バランスの取れた最終設計案を完成させるとともに、熱効率と燃料効率を最適化します。1D CFDソリューションは今や、エンジニアにとって適切なエネルギー管理設計を早期に支援するシミュレーションツールです。

エネルギー管理に関する意思決定は、重機開発のさまざまな要因 (HVAC、冷却システムなどの燃料消費、排出、パワートレインの選択、熱システムの性能など) に影響を与えます。このため、概念設計の早い段階に、重機装置全体のレベルでエネルギー管理に関する正しい意思決定を下すことが非常に重要です。設計プロセス終盤では、バランスの取れた最終設計案を完成させるとともに、熱効率と燃料効率を最適化します。1D CFDソリューションは今や、エンジニアにとって適切なエネルギー管理設計を早期に支援するシミュレーションツールです。

燃費 / エネルギー管理

Learn More

重機業界が直面する喫緊の課題は、燃費とエネルギーの管理です。これには、燃料消費、排出削減、パワートレインの小型化、ハイブリッドや電気エネルギーの代替使用、全体的な熱の最適化を含みます。概念設計の初期段階にエネルギー管理の方向性を決めることができれば理想的です。そのためには、予測的なエンジニアリング解析ソリューション、具体的に言うとシーメンスPLMソフトウェアのポートフォリオを活用すべきです。シーメンスのシミュレーションソリューションは、包括的な概念調査のほか、サブシステム / システムレベルの詳細なパフォーマンス評価にも用いられています。特に1Dソリューションは、複数のパワートレイン案を探索し、ハイブリッド構成や従来型の構成、油圧システムなどが重機全体の枠組みで正しく機能するかどうかを評価する開始点として最適です。より詳細な作業には3D CFDソリューションを使用して、エンジン部分の冷却を調査して、ファンの効率的な冷却や内部の熱快適性を最適化できます。別の活用方法として、これら2つのソリューションを組み合わせて、CFDと1Dの協調シミュレーションモデルを作成し、コントロール戦略の評価を含めたエネルギー管理システム全体を包括的に検証することもできます。最終的には、追加のCFD/1Dシステムシミュレーションに使用するモデルを作成し、排出規制を満たしていることを確認します。

燃費 / エネルギー管理
主なユーザー事例

Dana

Major automotive supplier employs Simcenter Amesim to design innovative powertrain system for off-highway vehicles

Siemens Digital Industries Software technology helps Dana develop a powertrain system which delivers between 20 to 40 percent fuel savings and reduced operating costs

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

過酷な動作条件にさらされる重機を過熱から守る

過酷な動作条件にさらされる重機を過熱から守る

重機のパワートレイン全体の熱システム設計を最適化するシミュレーション

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

Internal Combustion Engine Design & Controls

制御系を含めた完全な内燃機関を設計、最適化して、燃料噴射サブシステム、エンジン熱管理、電子装置、パワートレイン・コンポーネントとの統合を探索します。代替エンジンのアーキテクチャーやコンセプトも調査できます。

Simcenter Engineering and Consulting

シーメンスはお客様が直面している課題を理解して、モデルベースのシステムエンジニアリングから3Dシミュレーションおよび物理試験までの各段階で役に立つエンジニアリングサービスを提供します。

Thermal Management

装置全体の熱管理を最適化します。

Thermal Simulation

Simcenterには、業界トップクラスの包括的な熱シミュレーション機能が実装されており、製品の熱特性を理解し、性能が最適化された熱管理ソリューションを実現する支援をします。

電化

世界の重機市場では、排出ガスと騒音を低減する必要性から、ハイブリッドパワートレインや電動パワートレイン、さらには水素パワートレインへの移行が進み、サプライチェーンのあらゆる部分に影響が出ています。 重機業界に登場したこれらの新技術によって設計プロセスは変化を余儀なくされています。電動機械を正しく設計することは難しい作業であり、設計者は新たな分野の専門技術を習得して強化する必要があります。さらに、正しく設計するだけでなく、建設業や農業、鉱業分野のエンドユーザーの使用に耐えうる (またはそれ以上の) 性能を満たさなければならず、同時に、騒音や排出ガスに関する厳格な基準にも準拠しなければなりません。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。

ユーザー事例

MBSE (モデルベースのシステムエンジニアリング) を実装して、市場投入期間の目標を達成し、開発リスクを最小化したJoy Global