重機向けのAccelerated Equipment Design

シーメンス独自の青緑のオーバーレイが適用された木々を背景に砂利の上を走るタンデムローラーの画像

重機メーカーは、デジタル技術を駆使した数多くの新機能や電動化など、イノベーションの波に乗り遅れるわけにはいきません。製品をいかにアップグレードするかを検討し、将来の事業活動の範囲を決定し、完全に変革している市場において自社の立ち位置を再考する必要があります。しかし、こうした喫緊の課題を検討する時間を確保するには、現在提供している機器をタイムリーに納入することで日常業務を確実に遂行する必要があります。

シーメンスは、機器の設計と納入を迅速化することで、OEMがこの複雑な移行期をうまく乗り越えられるよう支援します。シーメンスのAccelerated Equipment Designソリューションは、特に製品開発や機器設計を遅らせる課題に対処できるよう、複数領域の設計を対象としたコラボレーティブな設計環境をOEMに提供します。課題には、多くの機器設計バリエーションへの対応、設計の複雑さの増大、規制遵守、設計ワークフローの分断などが含まれます。

重機メーカーは、デジタル技術を駆使した数多くの新機能や電動化など、イノベーションの波に乗り遅れるわけにはいきません。製品をいかにアップグレードするかを検討し、将来の事業活動の範囲を決定し、完全に変革している市場において自社の立ち位置を再考する必要があります。しかし、こうした喫緊の課題を検討する時間を確保するには、現在提供している機器をタイムリーに納入することで日常業務を確実に遂行する必要があります。

シーメンスは、機器の設計と納入を迅速化することで、OEMがこの複雑な移行期をうまく乗り越えられるよう支援します。シーメンスのAccelerated Equipment Designソリューションは、特に製品開発や機器設計を遅らせる課題に対処できるよう、複数領域の設計を対象としたコラボレーティブな設計環境をOEMに提供します。課題には、多くの機器設計バリエーションへの対応、設計の複雑さの増大、規制遵守、設計ワークフローの分断などが含まれます。

イベント

Realize LIVEでシーメンスソフトウェアコミュニティに参加する

過去のRealize LIVEの様子

よりスマートな業務、効率的なオペレーション、変革的な製品開発に役立つシーメンスソフトウェアコミュニティにこの機会にぜひご参加ください。

建設現場を歩きながら会話するヘルメットと安全ベストを身に着けた2人の男性と1人の女性

Learn More

受注設計と受注仕様生産のビジネスモデル向けの機器設計を実現

業界を問わず、市場投入期間の短縮は極めて重要です。エンジニアリング工数に比して生産量が比較的少ない場合は特に時間の短縮が必須です。重機のOEMは一般的にカスタマイズの依頼を受けることが多く、さまざまな現地の規制に対応するため、複数の機器設計バリエーションを提案する必要があります。カスタマイズにより、受注設計 (ETO) や受注仕様生産 (CTO) など、時間的制約のあるアプローチが一般的な方法となっています。ETOとCTOで成功するには、エンジニアリングBOMに簡単にアクセスできる機器設計プロセスが必要となります。エンジニアリングBOMを活用することで、共通性と再利用が促進されます。これにより、デジタル・モックアップを使用して、効率的な構成、バリエーション管理、仮想検証、およびさまざまな機器設計バリエーションの検証が可能になります。

複雑な機器設計のためのコラボレーティブな設計環境

機器設計の複雑化に伴い、時間的なプレッシャーが増しています。今回追加された新機能のほとんどは、新しいデジタル技術を伴うものであり、機械、電子工学、ソフトウェア間の強力な相互作用を必要とします。機器設計においてこれは、設計プロセスでこれまで以上に多くのパラメータや物理的特性を考慮する必要性が生じ、設計プロセスににこれまで以上に多くの関係者が関わることを意味します。したがって、市場投入にこれまで以上の時間がかかる可能性があります。このため重機のOEMには、これらすべてを管理する方法を見つけることが求められています。重機のOEMにとっては、設計完成までの反復回数を減らすこと、、特に試作回数を減らせるかが鍵を握ります。これを実現するため、機械設計、電気・電子システム設計、ソフトウェア開発を同時に推進する複数領域の仮想設計アプローチが必要です。このアプローチは、、包括的な複数領域モデルと共通データを活用して協働できるツールとワークフローをすべての関係者に提供できるものでなければなりません。

市場投入までの時間を短縮するシーメンスの包括的でオープンな環境

Accelerated Equipment Designには、特に多数の設計バリエーションや設計の複雑化に関連する課題を克服できるソリューションすべてが含まれています。これらのソリューションは、重機メーカーがあらゆるタイプの設計の市場投入までの時間を短縮するために役立つ不足のない包括的なセットです。シーメンスのソリューションはスタンドアロンでも設計プロセスのさまざまな部分をスピードアップできます。しかし、これらのソリューションを組み合わせて統合的に使用することでさらなるパワーアップが期待でき、複数の領域やチーム間のコラボレーションが進みます。一方でシーメンスは、状況やアプリケーションによって、内製ツールとシーメンスのソリューションを組み合わせて使用することを希望する状況があることも理解しています。だからこそシーメンスのソフトウェアは、お客様が自社開発したソフトウェアや代替ソフトウェアと緊密に統合できるよう構成できるようになっています。

すべての機器設計エンジニアが簡単にアクセスできるソリューション

シーメンスのソリューションは、アクセスを全社規模に拡大します。効率を向上することを目的としており、プロセスとツール、そしてエンジニアとアナリストが費やす必要のある時間の短縮と工数削減を可能にします。シーメンスは、アイデアを製品に変えるために何が必要かを把握しているだけでなく、製品設計技術のユーザーでもあります。ユーザーでもありベンダーでもあるという立場は、顧客の頭痛の種となっている問題を私たちが理解し、解決する上で役立っています。例えば、物理試作回数を減らすことを目的とした仮想環境での検証と妥当性確認には、容易に習得でき、専門知識を必要とする特殊な方法が必要であることを当社は理解しています。だからこそシーメンスはそういったツールを提供しています。一方で、ピンポイントでツールを必要とするユーザー向けに部分的なアクセスもサポートします。このため設計チームは、高度なスキルを持つ専門家をすべての計算に関わらせる必要なく、こういったツールを実装できます。これにより、多数のシミュレーション作業の前倒しが可能となるため、市場投入までの時間をさらに短縮できます。

機器設計ソリューションの拡張性と柔軟性

最後に、シーメンスのAccelerated Equipment Designのコンポーネントのほとんどはクラウド経由で利用できるため、当社ソリューションの利用を開始するためのハードルを下げています。これにより、スタートアップ企業から大企業まであらゆる企業が速やかにコスト効率良く最新技術を利用でき、特定の製品や市場の要件に合わせて設計能力を効率的に拡大することができます。企業は、オンプレミスのソフトウェアを使用するか、クラウド経由で作業するか、両方を組み合わせハイブリット環境を活用するか、希望の作業方法を選択できます。シーメンスのクラウドベースのソリューションには、参入価格とリスクの低減、ハードウェアとITを運用するための投資コストの削減、全社規模の拡張性と柔軟性、導入しやすさ、最新バージョンへの継続的なアクセスなど、いくつもの利点があります。

建設現場を歩きながら会話するヘルメットと安全ベストを身に着けた2人の男性と1人の女性
主なユーザー事例

ZOOMLION

Using Teamcenter and NX helps construction machinery manufacturer operate at optimal efficiency across 12 business divisions

Using Teamcenter and NX helps construction machinery manufacturer operate at optimal efficiency across 12 business divisions

ZOOMLION employs Siemens Digital Industries Software solutions to reduce data preparation times by 66 percent for new product processes

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー

Accelerate equipment design using product design software

A piece of heavy equipment designed with product software

Digitally transform equipment design and development.

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

Compliant Equipment Design

業界標準を満たし、業界標準を上回る規制を遵守した高品質の機器を一貫して提供することで、顧客の期待に応え、市場において揺るぎない評判を築きます。

Custom Equipment Design

受注設計 (ETO) や受注仕様生産 (CTO) またはその中間のアプローチを使用し、複雑なカスタム機器設計において増加傾向にある固有の要件と地域の要件に対応します。

Electrification

世界の重機市場では、排出ガスと騒音を低減する必要性から、ハイブリッドパワートレインや電動パワートレイン、さらには水素パワートレインへの移行が進み、サプライチェーンのあらゆる部分に影響が出ています。重機業界に登場したこれらの新技術によって設計プロセスは変化を余儀なくされています。電動機械の適切な設計は困難な作業であり、設計者は新たな分野の専門技術を習得して強化する必要があります。さらに、正しく設計するだけでなく、建設業や農業、鉱業分野のエンドユーザーの使用に耐えうる (またはそれ以上の) 性能を満たさなければならず、同時に、騒音や排出ガスに関する厳格な基準にも準拠しなければなりません。

Engineer to Order Process Automation

シーメンスのETO (受注設計) プロセス自動化ソリューションは、パワフルなルールオーサリング環境とレポジトリを備えているため、その分野の専門家がルールやベストプラクティスを取得して、ETO製品の開発や入札に使用することができます。これは、構成製品の製造コストの削減にもつながります。

Lifecycle management

貴社が業界に価値をもたらす方法に関係なく、プロセスとデータ管理に対するライフサイクルアプローチは、これらの課題に対応するために不可欠です。シーメンスのソリューションを活用すると、変更を管理し、作業プロセスを遂行し、品質を向上させ、外部サプライヤーやお客様とつながる方法が改善されます。技術情報を一元化し、その情報を最新に保って利用できるようにするこのライフサイクル管理アプローチにより、ナレッジワーカーの作業が効率化し、より高いパフォーマンスを発揮できます。

Multidisciplinary Equipment Design

複数の設計領域を単一のコラボレーション環境 (シミュレーションと検証管理を含む) に一元化することで機械設計、電気・電子システム設計、ソフトウェア開発を推進します。

Multidisciplinary Equipment Design Software

複数の設計領域を単一のコラボレーション環境 (シミュレーションと検証管理を含む) に一元化することで機械設計、電気・電子システム設計、ソフトウェア開発を推進します。

Next Generation Design for Heavy Equipment

包括的な3D製品設計によって、質の高いイノベーションを低コストで実現するよう支援します。業界トップクラスの幅広い機能を統合し、直感的に操作できるシーメンスのソリューションがあれば、複数の機械やメカニズムのアプローチを検討して、高コスト効率で革新的、高機能の製品を短期間で設計できます。包括的な3D設計機能を備えているため、建築、採掘、農業分野の革新的な機械の開発期間を短縮します。複数の構成要件を検証するといった課題に対処するため、あらゆる設計特性を網羅した大規模で高難度、かつ包括的なモデルを構築します。