本文へ移動

Heat transfer simulation

原子力発電所の安全性と効率は、冷却システムが原子炉から熱エネルギーを抽出する速度によって決まります。冷却システムの熱水力性能は、形状依存の非定常多相流現象 (沸騰、キャビテーション、凝縮など) を、すべての熱伝達モード (対流、伝導、放射) を使ってさまざまな長さ / 時間スケールでシミュレーションし、予測します。

原子炉の安全と効率を実証できる幅広い運転シナリオを使用して必要な物理特性をすべて取得し、冷却システムの熱水力性能を正確に予測できる実証済み機能を持つシミュレーションツールは、ほとんどありません。

原子力発電所の安全性と効率は、冷却システムが原子炉から熱エネルギーを抽出する速度によって決まります。冷却システムの熱水力性能は、形状依存の非定常多相流現象 (沸騰、キャビテーション、凝縮など) を、すべての熱伝達モード (対流、伝導、放射) を使ってさまざまな長さ / 時間スケールでシミュレーションし、予測します。

原子炉の安全と効率を実証できる幅広い運転シナリオを使用して必要な物理特性をすべて取得し、冷却システムの熱水力性能を正確に予測できる実証済み機能を持つシミュレーションツールは、ほとんどありません。

Learn More

シーメンスの最先端ツールは、非定常多相流現象 (沸騰、キャビテーション、凝縮) を含む、冷却システムのあらゆる性能をシミュレーションすることができます。すべての熱伝達モード (対流、伝導、放射) を使ってさまざまな長さ / 時間スケールで現象をシミュレーションします。このソリューションには、FEA (有限要素解析)、CFD (数値流体力学) などの3D CAE (Computer Aided Engineering) 手法で詳細を捉え、システム全体の挙動をシミュレーションする機能があります。これらの機能を組み合わせることで、オーナーやオペレーターは既存の冷却コンセプトの性能を最大化するとともに、革新的な新コンセプトの設計 / 認可プロセスを加速できます。

オンデマンド・ウェビナー | 46 分

ガスタービン設計のための高忠実度空力シミュレーション

ガスタービン設計

シーメンス・エナジーはどのようにさまざまな領域の結果を統合して、高忠実度タービンシミュレーションを作成し、効率的で信頼性の高いガスタービンを設計しているのかを学びます。

ウェビナーを見る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
ご質問はありますか?