本文へ移動

エレクトロニクスおよび半導体向けのドキュメント管理 / 発行

エレクトロニクスおよび半導体向けのドキュメント管理 / 発行

ドキュメント管理 / 発行プロセスをPLM環境に統合することで、設計ソースデータを直接使用して、技術文書を製品の変更に合わせて最新の状態に保てます。先進的なドキュメント管理 / 発行ツールを備えた構造化インターフェースによって、市場や言語、製品にあわせて、正確で有効なドキュメントを簡単に作成します。このソリューションを活用すると、複雑化の進んだ電子機器および半導体のグローバル市場で成功するために必要な競争優位性を得ることができます。

ドキュメント管理 / 発行プロセスをPLM環境に統合することで、設計ソースデータを直接使用して、技術文書を製品の変更に合わせて最新の状態に保てます。先進的なドキュメント管理 / 発行ツールを備えた構造化インターフェースによって、市場や言語、製品にあわせて、正確で有効なドキュメントを簡単に作成します。このソリューションを活用すると、複雑化の進んだ電子機器および半導体のグローバル市場で成功するために必要な競争優位性を得ることができます。

エレクトロニクスおよび半導体向けのドキュメント管理 / 発行

Learn More

エレクトロニクスおよび半導体市場は、個別カスタマイズや規制要件、ハードウェアとソフトウェアのシームレスな統合などの要件が加わり、グローバルな製品プラットフォームの複雑化が進んでいます。出荷される製品の言語や構成に合わせてドキュメントを準備しなければ、これらの要件を満たすことはできません。企業は、機械・電気・ソフトウェア設計など、PLMシステムに含まれる複数領域からの情報に基づいて、作業指示書などの構成別のドキュメントから複雑な規格仕様書まで、さまざまなドキュメントを作成する必要があります。製品開発プロセスの早期からドキュメント作成に着手できるだけでなく、複雑で急速に変化する製品ソースデータにすぐにアクセスできるため、製品設計と同期した最新のドキュメントを、製品出荷に合わせて生成することができます。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアのドキュメント管理と技術文書作成の統合ソリューションは、世界をリードするグローバルなデジタル・イノベーション・プラットフォームのパワーと、洗練された使いやすいオーサリング・ツールを1つのシステムに結集しています。

エレクトロニクスおよび半導体向けのドキュメント管理 / 発行

ソリューションの機能

Artwork Design and Proofing

アートワークデザインとパッケージングの開発には、ベンダーとデザイナーの絶え間ないコミュニケーションが必要です。Teamcenter Advanced Proofingでは、共同レビュー/マークアップ、ディープズーム、色彩分離、さまざまなサポート・ファイル・タイプなどの高度なマークアップ機能を使用することで、アートワークとパッケージングの開発をより効率的に進めることができます。ファイル上のコメントおよび注釈の管理と取得は自動的に行われます。アートワークデザインの共同作業とライフサイクル内の実証作業により、Teamcenterは、製品のアートワークとパッケージングの適時性と品質を改善します。

Bill of Materials Management

Teamcenterは、BOM情報を一元化して組織全体に提供することで、製品の把握を支援します。基本的なBOM管理、高度なBOM管理、あるいはより柔軟で拡張性の高い製品構成などにも対応でき、革新的で多様な製品を求める市場ニーズを満たし、さらにそれ以上の要件にも応えます。

Collaboration for Lifecycle Management

製品ライフサイクル管理のデジタル・スレッドにより、職務のサイロ化から抜け出し、人とプロセスを結び付け、これにより誰もが製品に関する適切な意思決定を行えるようになります。

Configure and repurpose dynamic documents

製品ドキュメントは、製品を正確に伝えるものでなければなりません。Teamcenter Content Managementを使用すると、ドキュメントを分類別や有効性別、またエンジニアリングで使用する製品オプションやバリエーションごとに構成することができます。また、インライン有効性、DITA値、keyrefなど条件付きXML機能を使用して、トピックおよびデータモジュール内でXMLコンテンツを管理することもできます。これらのオプションを使用すると、製品別ドキュメントを作成しながら、コンテンツの再利用と一貫性を促進することができます。

Document Authoring Tool Integrations

Teamcenterを導入すると、手作業によるドキュメント作成を減らすことができます。Teamcenterで管理されるドキュメントを、使い慣れたMicrosoft OfficeとAdobeオーサリングツールを使用して作成できます。一貫性のあるコンテンツを含めたドキュメントを作成し、ドキュメントを製品構成に関連付けることでコンテンツを挿入でき、承認されたドキュメントの署名やリリースも可能です。また、特定の製品構成やリビジョンに関連付けてドキュメントをTeamcenterにインポートしておけば、将来における製品開発で再利用したり参考にしたりすることが可能です。

RapidAuthor Interactive Visual Content

高度に記述的な技術文書は、それによって製造およびサービスチームの生産性が向上する場合は特に、非常に有益なことがあります。RapidAuthor for Teamcenterを使用すると、エンジニアリング設計データのコンテンツを技術ドキュメントで直接再利用できるので、その投資が無駄になりません。CADおよびPLM XMLのコンテンツは、テキストと2D/3Dグラフィックおよびアニメーションに直接変換されるため、製品の仕組みと、製品の製造とサービスを行うのに必要な決定事項をよりよく理解できます。

RapidAuthor Interactive Visual Content

非常に明確に記述された技術ドキュメントは、製造およびサービスチームの生産性向上に貢献するなど、非常に有益です。RapidAuthor for Teamcenterを使用すると、エンジニアリング設計データのコンテンツを技術ドキュメントで直接再利用できるので、その投資が無駄になりません。CADおよびPLM XMLのコンテンツは、テキストと2D/3Dグラフィックおよびアニメーションに直接変換されるため、製品の仕組みと、製品の製造とサービスに必要な決定事項をよりよく理解できます。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。