本文へ移動

水・泥はね管理

過酷な気象条件下での車両性能の維持は、顧客満足度とドライバーの安全性の向上のために極めて重要です。ADASに搭載されるセンサー数の増加に伴って、過酷な条件下でもセンサーが最高の性能を維持できることが必須となっています。このため、車両のスタイリングと生産の予算を維持しながら、雨、雪、泥はねのもとでも各種センサーをきれいな状態に保つことが求められます。センサーに加えて、絶えず変化する道路状況にドライバーが対応できるように、ウィンドウやミラーもきれいな状態に保つ必要があります。車両の空気力学設計者は、革新的なテクノロジーを適用して、スタイリング、音響、水・泥はね制御の目標のバランスを取る必要があります。

シーメンスのPLMソフトウェアソリューションを使用すると、あらゆる気象条件下で顧客が期待する性能基準を満たす車両を開発できるようになります。

過酷な気象条件下での車両性能の維持は、顧客満足度とドライバーの安全性の向上のために極めて重要です。ADASに搭載されるセンサー数の増加に伴って、過酷な条件下でもセンサーが最高の性能を維持できることが必須となっています。このため、車両のスタイリングと生産の予算を維持しながら、雨、雪、泥はねのもとでも各種センサーをきれいな状態に保つことが求められます。センサーに加えて、絶えず変化する道路状況にドライバーが対応できるように、ウィンドウやミラーもきれいな状態に保つ必要があります。車両の空気力学設計者は、革新的なテクノロジーを適用して、スタイリング、音響、水・泥はね制御の目標のバランスを取る必要があります。

シーメンスのPLMソフトウェアソリューションを使用すると、あらゆる気象条件下で顧客が期待する性能基準を満たす車両を開発できるようになります。

Learn More

車両が水・泥はねとどのように相互作用するのかを正確に理解することは、安全性、信頼性、品質に関わる問題です。これは、暴風雨のなか高速道路を高速走行するような最も過酷な条件下にあるドライバーに直接的な影響をもたらします。水が速やかに除去されて電子装置の近くにたまることがないようにしたり、水たまりを走行してもエンジン吸気システムに水が入り込んだり、アンダーボディのトレイを損傷したりしないような排水性能を実現する必要があります。自動運転車の普及に伴って膨大な数のセンサーが組み込まれていることも、複雑化の要因となっています。期待される性能と動作を保証するためには、これらのセンサーをきれいな状態に保つことが不可欠です。車の設計には、従来の空気力学的な特性に加え、こうした要因もすべて統合して反映する必要があります。

シーメンスのPLMソフトウェアソリューションを使うと、液膜、水はね、土砂などの 混相流を考慮する完全な3D CFD(数値流体力学)プロセスによって、これらの要素を直接モデリングすることができます。

オンデマンド・ウェビナー | 25 分

自動車のEoL (End-of-Line) 試験: NVHベースの品質検査を実施する方法

EoL (End-of-Line) 試験 – 自動車生産ライン

客観的製品故障検出への道を開く自動振動音響測定

ウェビナーを見る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。