製造の仮想開発

工場環境で、自動車のシャーシの部品を処理するロボットアーム。

自動車OEMとサプライヤーは、数十年をかけて立ち上げプロセスを完成させてきましたが、大多数の企業が「業界は進化しており、それに合わせて製造プロセスを進化させる必要がある」ことを認識しています。スマート・マニュファクチャリングとは、ファクトリー・オートメーション、センサー、人工知能(AI)や産業用モノのインターネット(IoT)などのデジタル・テクノロジーを含む広義の用語です。多くのメーカーは、程度の差はあれどスマート・マニュファクチャリングを実装しています。しかし「生成されたデータから最大限の価値を引き出す」措置までは講じていないのが現状です。包括的な生産のデジタルツインを使えば、情報を自動的に収集、解析、共有して、製造作業セルや組立ラインを物理的に設置する前に仮想で開発することができます。OEMとサプライヤーは、この仮想開発プロセスを使用して、新製品を工場で立ち上げる前に、デジタルで立ち上げのリハーサルを行えます。製造のデジタライゼーションを通じて得られた実用的な知見を活用して、初回から製品ライフサイクルの全期間を通して高品質の部品を生産し、コストや時間のかかるエラー、やり直しを排除します。

自動車OEMとサプライヤーは、数十年をかけて立ち上げプロセスを完成させてきましたが、大多数の企業が「業界は進化しており、それに合わせて製造プロセスを進化させる必要がある」ことを認識しています。スマート・マニュファクチャリングとは、ファクトリー・オートメーション、センサー、人工知能(AI)や産業用モノのインターネット(IoT)などのデジタル・テクノロジーを含む広義の用語です。多くのメーカーは、程度の差はあれどスマート・マニュファクチャリングを実装しています。しかし「生成されたデータから最大限の価値を引き出す」措置までは講じていないのが現状です。包括的な生産のデジタルツインを使えば、情報を自動的に収集、解析、共有して、製造作業セルや組立ラインを物理的に設置する前に仮想で開発することができます。OEMとサプライヤーは、この仮想開発プロセスを使用して、新製品を工場で立ち上げる前に、デジタルで立ち上げのリハーサルを行えます。製造のデジタライゼーションを通じて得られた実用的な知見を活用して、初回から製品ライフサイクルの全期間を通して高品質の部品を生産し、コストや時間のかかるエラー、やり直しを排除します。

30-day free trial. Start predicting in minutes!

Generate a virtual production plant: Run it before you build it.

Robots working an an auto assembly

Stay connected when developing your next manufacturing plant by utilizing Siemens integrated suite of manufacturing planning software.

コンピューターの画面に向かい、自動車の部品を手に持って、画面上のCADモデルと比較している男性。

Learn More

統合型製造で問題なく立ち上げ

自動車産業における従来の製品開発は、最初に製品の設計と検証を行い、その後、製造プロセスの開発を行います。スマート統合型製造のアプローチでは、タイムラインのかなり早い段階から主要な製品設計データを製造チームと共有し、製品設計チームと製造設計チーム間のコラボレーションを進めます。製造チームは、早い段階から設計データにアクセスできるため、製造プロセスを工場に実装する前に、デジタル空間で開発することができます。製造の仮想開発では、製品データ、センサー、ソフトウェア、プログラミング自動化を組み合わせて、個々の製造資産の動作と、複数の製造資産の相互作用を現実的に予測します。人間シミュレーションを行って、現実の人間のオペレーターを危険にさらすことなく、工場の作業ステーションの有効性や安全性、人間工学的要素をテストすることも可能です。このため、立ち上げは予測可能なものとなり、メーカーは潜在的な問題を、発生する前に解決できるようになります。自動車メーカーは、統合型製造ソリューションを使用して、導入した最新のモジュラー・プラットフォーム戦略に対応し、自社のポートフォリオをすばやく効率的に拡張できます。

ロボットのバーチャル・コミッショニング

近年、AIや産業用IoTなどの新技術、ハードウェアやセンサ​​ーなどのイノベーションの結果として、高度なロボティクスが登場しています。こうした進化に伴ってオペレーションの柔軟性と速度が向上しましたが、同時に生産開発の複雑さも増し、新しいラインのコミッショニングを行うには、時間とコストがかかるようになりました。従来メーカーは、製品設計、工具開発、および産業制御エンジニアリングが完了した後のバリューチェーンの最後に、自動化装置のコミッショニングを行っていました。生産ラインのコミッショニングや変更が必要になると、メーカーは稼働中の機器のコントローラーをデバッグするためにオペレーションを停止することを余儀なくされます。ロボティクス・シミュレーションソリューションを使用すると、オフライン・プログラミングとバーチャル・コミッショニング技術により、メーカーは生産を中断することなく、シミュレーション済みのロボット・オペレーションを製造現場へと転換できます。

コンピューターの画面に向かい、自動車の部品を手に持って、画面上のCADモデルと比較している男性。

解決策