車両エネルギー管理

OEMやサプライヤーにとっては環境に配慮した車両という戦略コンセプトは重要なものの、ドライバーは依然として運転する楽しさを求めています。エネルギー効率を最適化するための対策が、騒音や操舵性、乗り心地などの重要な性能に影響を与えることがあってはなりません。システムアーキテクチャーの選択が全体的なエネルギー・バランスや重要な属性性能に及ぼす影響を設計/エンジニアリングプロセスの早い段階に評価できれば、設計の意思決定を早期に行い、市場投入期間を短縮することができます。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、システム、3D、CFDシミュレーションツールを独自に組み合せて、エンジニアリングサービスと共に提供するため、物理的な試作の前に、適切なバランスを特定することができます。次いで、さまざまな車両サブシステムの背後にある制御システムと物理的特性をデジタルで探索し、車両レベルでエネルギーバランスを取り、最適化します。

OEMやサプライヤーにとっては環境に配慮した車両という戦略コンセプトは重要なものの、ドライバーは依然として運転する楽しさを求めています。エネルギー効率を最適化するための対策が、騒音や操舵性、乗り心地などの重要な性能に影響を与えることがあってはなりません。システムアーキテクチャーの選択が全体的なエネルギー・バランスや重要な属性性能に及ぼす影響を設計/エンジニアリングプロセスの早い段階に評価できれば、設計の意思決定を早期に行い、市場投入期間を短縮することができます。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアは、システム、3D、CFDシミュレーションツールを独自に組み合せて、エンジニアリングサービスと共に提供するため、物理的な試作の前に、適切なバランスを特定することができます。次いで、さまざまな車両サブシステムの背後にある制御システムと物理的特性をデジタルで探索し、車両レベルでエネルギーバランスを取り、最適化します。

ビデオ

Simcenterソリューションで車両エネルギー管理を強化

ビデオを見る

Learn More

設計制約とシステムの複雑性が増し、エネルギー効率の規制が強化されるなか、車両のエネルギー管理は、対応が難しい重要なエンジニアリング分野となっています。厳しい規制基準と顧客の要求を満たす車両を構築するには、相互に関連する非常に複雑な問題を設計サイクル全体で解決しなければなりません。コストを削減しながらこれを実現するには、新たなシミュレーション駆動型開発アプローチが必要です。シミュレーション駆動型開発アプローチを使用すると、多様なアーキテクチャーや構成をデジタルで探索し、さまざまな性能属性のトレードオフを行って、物理試作の前に、多様なサブシステムの制御システムや物理特性を評価できます。

シーメンスのPLMソフトウェアは、システムシミュレーション、3D CAE、数値流体力学 (CFD) シミュレーションツールを独自に組み合わせて、実績あるエンジニアリングサービスと共に多彩な機能 (エネルギー管理のベンチマーク、目標設定、アーキテクチャーのサイズ設定、規制戦略、設計探索など) を提供します。

主なユーザー事例

Siemens Powertrain Division

Heading to a sustainable future with advanced components for e-mobility

Heading to a sustainable future with advanced components for e-mobility

Siemens Digital Industries Software solution enables Siemens Powertrain Division to offer automakers the best solutions for the electrification of powertrains

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 33 分

システムシミュレーションと低次元モデリングの手法を使用してシステム性能を素早く検証

低次元モデルのシミュレーション

ニューラルネットワーク統合時のシステムとコントロールの検証を加速

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

3D Thermal Analysis

3Dシミュレーションを使用して、車両の熱特性を把握してから、熱管理戦略を調整して性能を最適化します。

Electrified Vehicle Simulation

電動化車両のエンジニアリングの複雑性を理解し、重要なサブシステムをすべてシミュレーションして、詳細設計を含む全体的な車両性能 (アーキテクチャーの作成から統合まで) を評価します。

Engineering and Consulting Services

エンジニアリング・サービスとコンサルティング・サービスによるスケーラブルな支援を活用して、製品の開発時間を短縮し、困難な問題を解決することができます。

Fluid Dynamics Simulation

液体や気体 (または混合物) の流れに関わるほぼすべてのエンジニアリング問題を、関連するすべての物理特性と共にシミュレーションします。

HVAC & Vehicle Cabin Comfort Simulation

空調設計のクローズド・ループを最適化し、車室内の冷暖房プロセスを評価し、外部条件と技術的な選択の影響をチェックして、人間にとっての熱的快適性を評価します。

Integrated Systems Simulation

設計サイクルのあらゆる段階で、さまざまな車両/パワートレインアーキテクチャーを複数の操作条件で評価し、燃費、操舵性、信頼性、快適性、NVHを最適化します。

Thermal Management Systems Simulation

エンジンが確実に冷却されるように熱交換器、ポンプ、サーモスタットを最適化して、暖機フェーズ、制御戦略、HVACシステムとの統合を最適化します。

Vehicle Energy Management Test Center

完全な車両レベルでテストを実行する高度なソリューションと、詳細な物理シミュレーションを組み合わせ、車両エネルギー管理テストセンターを使って燃費を最適化することができます。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。