本文へ移動

デジタル・モックアップ、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)

シーメンスでは、実際の製品を作成する前に、デジタルプロセスを通じてデジタル・ツインとして仮想的に設計し、シミュレーションします。これを実現するのが、3D可視化およびデジタル・モックアップ機能です。仮想現実(VR)はコンピューターで生成された現実環境のシミュレーションであり、ユーザーはシミュレーションされた世界に入り込んで直接体験することができます。拡張現実(AR)は、コンピューターで生成されたグラフィックスを現実世界に重ね、デジタルの力で視覚体験を強化します。

シーメンスでは、実際の製品を作成する前に、デジタルプロセスを通じてデジタル・ツインとして仮想的に設計し、シミュレーションします。これを実現するのが、3D可視化およびデジタル・モックアップ機能です。仮想現実(VR)はコンピューターで生成された現実環境のシミュレーションであり、ユーザーはシミュレーションされた世界に入り込んで直接体験することができます。拡張現実(AR)は、コンピューターで生成されたグラフィックスを現実世界に重ね、デジタルの力で視覚体験を強化します。

Learn More

インダストリー4.0の時代の、DMU、VR、ARを使用したスマート・マニュファクチャリングです。

設計チームは、デジタル・モックアップ(DMU)を使用することで、先進のマルチCADによる3D可視化、大規模な製品アセンブリー解析、ユニバーサルなコラボレーションを活用できるため、高コストな物理プロトタイプを減らし、場合によってはまったく不要にすることが可能です。仮想現実(VR)および拡張現実(AR)デバイス、アプリケーション、技法は、スマートファクトリーを実現する重要な要素であり、企業に競争優位性をもたらします。仮想現実(VR)および拡張現実(AR)は、構想、設計、エンジニアリング、プランニング、組み立て、マーケティング、販売にわたる製品ライフサイクルを加速するために使用されています。

多くの仮想現実(VR)のユースケースは事前定義と検査を対象としていますが、拡張現実(AR)のユースケースの大部分は組み立て、製造およびサービス分野を対象にしています。拡張現実(AR)を作業指示に活用すると、工場での理解が深まり、品質と効率が向上します。

DMU、VR、ARは、自動車設計および製造のデジタライゼーションのために不可欠な要素です。

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

2D/3D View & Markup

2D/3D可視化およびマークアップ機能により、階層的な製品構造を通じて複雑なモデルをナビゲートでき、製品ライフサイクル全体で豊富な知識を交換できます。

Adaptable PLM Foundation

デバイスや設計ツール、日常的に使用する業務アプリケーションのWebブラウザから社内全体でコラボレーションすることができます。柔軟な展開オプション(オンプレミス、クラウド、事前設定)も用意されています。

Bill of Materials Management

一元化された柔軟でスケーラブルなBOM情報を組織全体に提供することで、より革新的で多様な製品を求める市場のニーズ、さらにそれを超える要件をも満たすことができます。

Digital Mockup

リアルタイムのデジタル・モックアップ・ツールでは、製品ライフサイクルの初期に製品のデジタル・ツインを使用することで、設計の課題を検知して解決し、デジタル・スレッドを通じて社内全体でコラボレーションすることができます。

Supplier Visualization JT2Go

2D/3D可視化およびマークアップ機能により、階層的な製品構造を通じて複雑なモデルをナビゲートでき、製品ライフサイクル全体で豊富な知識を交換できます。

Virtual Reality

仮想現実(VR)システムによって、実物と同じ1:1スケールの現実的な没入型仮想環境でデジタル・ツインを検証できるため、適切な意思決定と市場投入期間の短縮が可能になります。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。