信頼性、機能およびシステムの安全性

信頼性、機能およびシステムの安全性

設計責任をパートナーや階層下部のサプライヤーに移行するにつれ、OEMは、これらのパートナーが生成するデータを、リスク/危険解析のベースとして効果的に使用できることが必須になっています。これにより、次世代輸送システムで使用される非常に複雑なサイバー物理システムの信頼性を保証します。「サポート容易化設計」が統合されたシーメンスのソリューションは、メンテナンス/ロジスティクスのフットプリントを低減しながらシステムの信頼性を向上させ、収益に直接貢献します。

設計責任をパートナーや階層下部のサプライヤーに移行するにつれ、OEMは、これらのパートナーが生成するデータを、リスク/危険解析のベースとして効果的に使用できることが必須になっています。これにより、次世代輸送システムで使用される非常に複雑なサイバー物理システムの信頼性を保証します。「サポート容易化設計」が統合されたシーメンスのソリューションは、メンテナンス/ロジスティクスのフットプリントを低減しながらシステムの信頼性を向上させ、収益に直接貢献します。

信頼性、機能およびシステムの安全性

Learn More

自動車、輸送向けに開発された複雑なサイバー物理システムには、ソフトウェア、電子/電気、機械コンポーネントが統合されています。複雑化が指数関数的に進むこうしたシステムでは、リスクや危険の可能性を特定して制御することは困難です。 

OEMは、それぞれに相互依存性があり、複数の故障モードがある、複数の機構分野(シャーシ、ボディ、パワートレインなど)にわたって存在する数百の車両サイバー物理システムのリスクと危険を制御する必要があります。さらに、OEMと大手サプライヤーは、システムのエンジニアリングと統合に専念するために、設計の責任をパートナーや階層下部のサプライヤーに移行しています。OEMは、製品全体の信頼性を解析、診断するためのベースとして、パートナーやサプライヤーが生成した設計/障害データを効果的に使用できなければなりません。

シーメンスのソリューションは、製品アーキテクチャーや構造(PLMを通して維持)から依存関係を自動的に生成してマッピングすることにより、複雑なプロセスを簡素化します。これによりエンジニアは、サポートエンジニアの経験や現場からのフィードバックに頼ることなく、「サポートが容易になるように製品を設計」することができます。この結果、システムの信頼性は向上し、保守とロジスティクスのフットプリントが低減して、所有コストも予測可能になります。

信頼性、機能およびシステムの安全性

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。