本文へ移動

自動運転車の車両性能エンジニアリング

自動運転機能を開発、検証するうえで直面する、複数分野にまたがる課題は、増え続ける一方です。このため、ADASおよび自動運転システムを、完全な車両レベルで、より効率的に設計、検証、妥当性評価する必要が出てきました。

シーメンスPLMソフトウェアの包括的な統合ソリューションは、成熟した製品開発プロセスの作成と実装をサポートします。これにより業界は、自動運転車をコンセプトから具現化することが可能になります。

自動運転機能を開発、検証するうえで直面する、複数分野にまたがる課題は、増え続ける一方です。このため、ADASおよび自動運転システムを、完全な車両レベルで、より効率的に設計、検証、妥当性評価する必要が出てきました。

シーメンスPLMソフトウェアの包括的な統合ソリューションは、成熟した製品開発プロセスの作成と実装をサポートします。これにより業界は、自動運転車をコンセプトから具現化することが可能になります。

自動運転車の車両性能エンジニアリング

Learn More

自動運転車は、開発とエンジニアリングのあり方を激変させているため、市場勢力図が書き換えられつつあります。ソフトウェアやハードウェアの複雑性が増し、大規模な検証/妥当性評価サイクルが必要になっています。さらに、センサーの数と種類も増え続けており、製造企業は、従来の車両開発プロセスを見直す必要性に迫られています。ADASと自動運転システムを車両プラットフォームに統合する際に大きな課題となるのが、車両レベルの性能の最適化と検証です。自動運転機能の安全性、快適性、燃費のバランスを取るには、さまざまな属性の相互作用を洞察する必要があります。

車両、センサー、交通シミュレーションのためのシーメンスPLMソフトウェアソリューションは、機械、電気、ソフトウェア開発を統合し、自動車メーカーが現在および将来の自動運転車の需要を満たすために必要な性能最適化を実行します。

自動運転車の車両性能エンジニアリング
主なユーザー事例

TwinswHeel

Droid delivery manufacturer uses Simcenter software to validate advanced safety mechanisms

Siemens Digital Industries Software solutions enable TwinswHeel to save time and costs by streamlining technical choices, development and verification

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー

自動運転車の機能に不可欠なハードウェア/ソフトウェアの開発を加速

Sense-Think-Act (認知、判断、操作) ハードウェア/ソフトウェアの開発を合理化

ウェビナーを見る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。