本文へ移動

ライフサイクル要件管理

未来の自動車および輸送システムを実現するには、市場と顧客の動きを真の意味で理解する必要があります。要件を製品開発サイクルとは別に管理したり、ドキュメントやスプレッドシートを通じて提供したりという状況では、連携が阻害され、製品の効率化は実現しません。製品の実現とイノベーションを成功させるには、要件に基づく協業が不可欠です。シーメンスのソリューションを使用すれば、社内全体で要件を取得、追跡、達成できます。

未来の自動車および輸送システムを実現するには、市場と顧客の動きを真の意味で理解する必要があります。要件を製品開発サイクルとは別に管理したり、ドキュメントやスプレッドシートを通じて提供したりという状況では、連携が阻害され、製品の効率化は実現しません。製品の実現とイノベーションを成功させるには、要件に基づく協業が不可欠です。シーメンスのソリューションを使用すれば、社内全体で要件を取得、追跡、達成できます。

Learn More

コネクテッドカー、電気パワートレイン、自動運転車、カーシェアを実現する新たなテクノロジーとビジネスモデルの登場によって、自動車業界は様変わりしました。ますます複雑化が進む車両システムの顧客要件やエンジニアリング要件を理解し、取得することはかつてないほど困難になっています。

これらの課題に対応するため、複雑で高度なシステムが設計され、実車製造前のデジタル・ツインとしてシミュレーションされています。このような革新的な製品を拡張性のある方法で実現するには、製品ライフサイクル全体を通して社内全体で要件を取りまとめるしかありません。そうすることで、要件を取得し、関連付け、正確に保持できます。要件を下流の実装プロセスに結び付けて、製品のコンプライアンスを継続的に監視することで、コンプライアンス違反のリスクを緩和します。

シーメンスのソリューションを活用すれば、製品とライフサイクル全体にわたる変更の影響を把握してインテリジェントに評価することで、顧客を意識して複雑性を管理することができます。お客様の声を「取り入れる」ためのシステマティックで再現性のあるソリューションにより、要件を簡単に取得し、安全に管理して、正確に検証し、確実に保持することができます。

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

Verification & Validation

要件検証および妥当性確認機能を使用して、検証と検証結果を取得し、要件と関連付けることで要件管理をクローズドループ化し、より集中的な試験を行うことができるようになります。

Apply Product Configuration to Requirements

要件は、同じ製品ライフサイクルプロセス、構成、バリエーション、変更、ワークフロー、アクセス制御、その他の標準プラクティスの管理下にある製品開発プロセスのあらゆる面に関係しています。

Integrate Requirements Across PLM & ALM

製品開発を成功させるためにはトレーサビリティが重要です。多分野の要件を追跡することで、製品開発部門が機械システムやソフトウェアドリブンの電子システムを適切に開発することが可能になります。

PLM Foundation

デバイスや設計ツール、日常的に使用する業務アプリケーションには社内のどこからでもWebブラウザ経由でアクセスでき、柔軟な展開オプション(オンプレミス、クラウド、事前設定)も用意されています。

Program Planning & Project Execution

計画と実行を統合した1つのシステムによって複雑な製品を開発することで、複数分野にまたがるチームが効果的に協業し、重要な情報を伝達して、市場投入期間の短縮が実現されます。

Report & Specification Generation

標準要件レポート、ダッシュボードビューをすばやく作成し、仕様書を生成できます。要件、トレーサビリティ、検証、バリエーション、ステータス、影響分析に関するレポートにより、製品開発プロセスに透明性を確保できます。

Requirements Allocation & Tracelinking

仕様、他の要件、部品表(BOM)、プログラム/プロジェクトのタスク、テストケース、1Dおよび3Dモデル、製造プロセスなどの製品定義のあらゆる面に要件をリンクすることが可能です。

Requirements Capture & Authoring

変更、ワークフローなどの標準の製品管理プロセスと結び付いており、標準レポートやダッシュボードなどにも含まれている要件の取得および再利用機能により、製品ライフサイクル全体に要件を組み込みます。

Requirements Change

要件は、要件変更プロセスとして、または製品レベルの変更に含めて、標準の変更管理プラクティスに組み込むことができ、またグローバルな製品変更計画/管理に加えることができます。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。