ハーネス製造エンジニアリング

電気コンテンツの増加と複雑化、新しいプロセス要件、かつてないほと増え続ける設計変更に対応するため、Tier 1サプライヤーはビジネスの方法を変えていかなければなりません。

ワイヤハーネスメーカーは、新しい車載テクノロジーの流れに大きな影響を受けています。電気コンテンツの増加と複雑化、新しいプロセス要件、かつてないほと増え続ける設計変更に対応するため、Tier 1サプライヤーはビジネスの方法を変えていかなければなりません。製品デジタル・ツインと製造プロセスのデジタル・ツインの考え方は、企業の成功を後押しするものです。

ワイヤハーネスメーカーは、新しい車載テクノロジーの流れに大きな影響を受けています。電気コンテンツの増加と複雑化、新しいプロセス要件、かつてないほと増え続ける設計変更に対応するため、Tier 1サプライヤーはビジネスの方法を変えていかなければなりません。製品デジタル・ツインと製造プロセスのデジタル・ツインの考え方は、企業の成功を後押しするものです。

Tier 1ハーネスサプライヤーがシーメンスのソリューションを活用することで、電気コンテンツの増加と複雑化の要求に応えることができます。

Learn More

E/E機能の増加にともない、今日の自動車に装備されているさまざまなシステムを電気的に相互接続するワイヤーハーネスの重要性がますます高まっています。車載電装化のニーズはワイヤーハーネス製造業界に成長をもたらしているものの、同時に、新たな課題と圧力が生まれています。ワイヤーハーネスメーカーは、自動車の電気システムと複雑性をサポートするため、何千万にものぼるバリエーションを考慮しなければなりません。厳しい納期と高まる品質要件に対応しなければならない企業は、デジタル化の方向へと徐々に変革を進めています。シーメンスのソリューションは、真のデジタルエンタープライズとして生まれ変わる助けとなります。

Tier 1ハーネスサプライヤーがシーメンスのソリューションを活用することで、電気コンテンツの増加と複雑化の要求に応えることができます。

オンデマンド・ウェビナー | 38 分

Methodologies for obtaining Functional Safety using AUTOSAR

Digital layered image of car, featuring network bandwidth and back seat form

Obtain functional safety using AUTOSAR in E/E architecture

ウェビナーを視る

ソリューションの機能