Electric Vehicle Manufacturing

電気自動車は、自動車業界を瞬く間に一変させる大きな可能性を秘めています。電気自動車 (EV) の販売台数が急速にそして安定的に拡大している背景には、バッテリー技術の向上、法規制の厳格化、多額の投資、充電設備の充実があります。

需要の増加を受けて、新旧の自動車メーカーはEV生産を迅速に立ち上げ、製造コストを削減して競争優位性を獲得しようとしのぎを削っていますが、EV製造にはEVならではの課題があります。

品質を向上させ、迅速に量産体制に移行するためには、包括的なデジタル・ツイン (製品デジタル・ツインと生産ラインデジタル・ツイン) を活用して組立プロセスと設備全体を仮想敵に設計、検証する環境が必要です。

電気自動車は、自動車業界を瞬く間に一変させる大きな可能性を秘めています。電気自動車 (EV) の販売台数が急速にそして安定的に拡大している背景には、バッテリー技術の向上、法規制の厳格化、多額の投資、充電設備の充実があります。

需要の増加を受けて、新旧の自動車メーカーはEV生産を迅速に立ち上げ、製造コストを削減して競争優位性を獲得しようとしのぎを削っていますが、EV製造にはEVならではの課題があります。

品質を向上させ、迅速に量産体制に移行するためには、包括的なデジタル・ツイン (製品デジタル・ツインと生産ラインデジタル・ツイン) を活用して組立プロセスと設備全体を仮想敵に設計、検証する環境が必要です。

Learn More

製品と製造のデジタル・ツインは、設計領域と製造領域の分断をなくし、物理作業とデジタル作業が融合することでEV製造の課題を解消します。

デジタル・ツインは、製品と稼働中の工場から実際の装置パフォーマンスデータを取り込みます。出荷後の製品はスマート接続されており、そこから得られたデータと工場装置のデータを集約、解析し、製品設計と統合することで、実用的な情報へと作り変えていきます。その結果、持続的な最適化を可能とする完全クローズドループの意思決定環境が完成します。急速に大きな変化を遂げつつある自動車業界にとって、このアプローチはもはや、採用するか、しないかではなく、必須条件になっています。

包括的なデジタル・ツインは、軽量化した新しいEVデザインとモジュール型車両プラットフォームの製造プロセスを計画 / 実装することを可能にすると同時に、バッテリー製造コストを削減し、サプライヤーが深く関わるエコシステム全体を調整する役割を果たします。

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアには、こうした課題のひとつひとつを解決し、デジタル・ツインの構築を支援できる独自性があります。#siemenschip2city

主なユーザー事例

Guangzhou MINO Auto Equipment Co., Ltd.

MINO saves time with Tecnomatix virtual commissioning solutions

MINO saves time with Tecnomatix virtual commissioning solutions

MINO exchanges data and collaborates with automakers throughout the planning, simulation and commissioning stages, reducing project cycles by 20 to 30 percent

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 22 分

Moving electric vehicle production into the fast lane

Electric vehicle manufacturing with Siemens

The automotive industry is clearly in transition.

ウェビナーを視る

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。
この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。