制御の開発、検証と妥当性確認

自動車OEMとサプライヤーは、設計プロセスを前倒しし、開発サイクルに沿って制御エンジニアリングと機械エンジニアリングを絶えず組み合わせることを求められています。クローズド・ループ設計は車両アーキテクチャーを改善し、初回試作の試験より早い段階で統合の問題を検出します。

シーメンスのソリューションによって、メカトロニクスシステムの開発を成功させ、機械、電子、ソフトウェアを統合システムとして同時に最適化します。

自動車OEMとサプライヤーは、設計プロセスを前倒しし、開発サイクルに沿って制御エンジニアリングと機械エンジニアリングを絶えず組み合わせることを求められています。クローズド・ループ設計は車両アーキテクチャーを改善し、初回試作の試験より早い段階で統合の問題を検出します。

シーメンスのソリューションによって、メカトロニクスシステムの開発を成功させ、機械、電子、ソフトウェアを統合システムとして同時に最適化します。

車両制御開発向けのSimcenter

メカトロニクス制御システムの設計と検証を前倒し

Learn More

自動車OEMとサプライヤーは、設計プロセスを前倒しし、開発サイクルに沿って制御エンジニアリングと機械エンジニアリングを絶えず組み合わせることを求められています。クローズド・ループ設計は車両アーキテクチャーを改善し、初回試作の試験より早い段階で統合の問題を検出します。自動車メーカーは目標を達成するため、メカトロニクス・ソリューションを取り入れて、ブランドの差別化つながる機能を装備した画期的な製品を開発しつつあります。このようなメカトロニクス・ソリューションでは、高度な制御システムに電子機器とソフトウェアを使用し、機械システムの性能と効率を最適化します。また、よりインテリジェントで複雑、そして低価格でありながら、より楽しく安全に運転できる最先端の車載製品の開発を可能にします。

シーメンスのソリューションを使うことで、メカトロニクスソリューションの開発を成功させ、機械、電子機器、ソフトウェアを統合システムとして同時に最適化します。これにより、制御およびソフトウェアエンジニアリング部門は、「デジタル・ツイン」のエンジニアリング手法を取り入れて、業界トップクラスのメカトロニクスシステムを開発し、検証できるようになります。デジタル・ツイン手法は、シミュレーションと試験を統合し、電気・電子 (E/E) およびアプリケーションライフサイクル管理 (ALM) を中心としたソリューションに接続します。

主なユーザー事例

Hyundai Motor Corporation

世界的自動車メーカーがSimcenterを使用して、ハイブリッド自動車の性能を最適化

シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア、現代自動車の車両物理試験を40%削減

詳細情報

オンデマンド・ウェビナー | 38 分

制御方式の開発、検証、および妥当性確認をSimcenterでフロントローディングする

機械設計と機能ソフトウェア設計を同時進行させるプロセスを導入し、コントローラー試験や仮想調整に備えることで、クラス最高の制御設計を迅速に実行できます。

スマートな車両の開発を進めるためには、設計サイクルの中で設計プロセスを前倒しし、制御と機械のエンジニアリングを継続的に統合することが不可欠です。

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。