本文へ移動

車載組込みソフトウェア

車載組込みソフトウェア

自動車ブランドを差別化するうえで、車載組込みソフトウェアの果たす役割は、ハードウェアエンジニアリングに取って代わりますます大きくなりつつあります。自動車OEMは、他社と差別化できるモビリティ体験を実現できなければ、取り残されるという非常に大きなプレッシャーに直面しています。しかもこれまでのように自動車のハードウェアによる差別化ではなく、ソフトウェアと電子機器で駆動するユーザーエクスペリエンス、自動化、電化、安全、コネクティビティ機能による差別化が必要です。他社とは違うブランド経験を生み出すうえで、車載組込みソフトウェア開発はますます機械エンジニアリングに取って代わりつつあります。車載組込みソフトウェアは、今後のモビリティ体験の創出に欠かせません。

自動車ブランドを差別化するうえで、車載組込みソフトウェアの果たす役割は、ハードウェアエンジニアリングに取って代わりますます大きくなりつつあります。自動車OEMは、他社と差別化できるモビリティ体験を実現できなければ、取り残されるという非常に大きなプレッシャーに直面しています。しかもこれまでのように自動車のハードウェアによる差別化ではなく、ソフトウェアと電子機器で駆動するユーザーエクスペリエンス、自動化、電化、安全、コネクティビティ機能による差別化が必要です。他社とは違うブランド経験を生み出すうえで、車載組込みソフトウェア開発はますます機械エンジニアリングに取って代わりつつあります。車載組込みソフトウェアは、今後のモビリティ体験の創出に欠かせません。

ビデオ紹介

将来のモビリティの中心となるソフトウェア

将来のモビリティの中心となるソフトウェア

拡張性があり、高度に信頼できる車両アーキテクチャーを実現する車載組込みソフトウェアを開発

車載組込みソフトウェア

Learn More

車載組込みソフトウェアアプリケーションは、電話やガジェット端末といったスマートデバイスによくある組込みソフトウェアアプリケーションとは大きく異なります。車載アプリケーションでは、ブレーキやステアリング、サスペンション、パワートレイン、自動車ボディー・エレクトロニクスといった複数のシステム間でのリアルタイムの複雑な連携が不可欠です。各ECU (電子制御装置) とその組込みソフトウェアアプリケーションは、より複雑で大きな電気アーキテクチャの一部として、自動緊急ブレーキやアダプティブ・クルーズ・コントロールといった車両レベルの複雑な機能や、さらには一見シンプルな操舵感やロック/アンロック、アダプティブ・ヘッドライトなどの機能を支えています。1つの機能を実現するだけでも、複数のネットワークプロトコルで接続された複数のECUに分散した、20以上の車載組込みソフトウェアアプリケーション間の連携が必要になることもあります。単独で動作する車載組込みソフトウェアアプリケーションはなく、どのアプリケーションも、より大きなシステム・オブ・システムズ (SoS) の一部です。機能のタイミングや必要な入力、出力、データセキュリティが徹底して確保されるのは、組込みソフトウェアアプリケーションによって実現する複雑な制御アルゴリズムがあるからです。今後のモビリティ体験を生み出すには、車載組込みソフトウェア開発のあらゆる側面を管理して、製品エンジニアリングプロセス間をシームレスに統合することが求められます。

車載組込みソフトウェア

オンデマンド・ウェビナー

プロジェクトマネージャーのためのアジャイルALM: カンバン、ダッシュボード、レポート、トレーサビリティ

リアルタイム・コラボレーション、一元化したデータレポジトリ、ツール間およびプロジェクト間の可視化、プロジェクト監視とレポーティングの強化により、高品質のソフトウェアを迅速に開発してリリース

ウェビナーを見る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

Aero - DO-178C

Uncouple complex development processes at the work item level to accelerate innovative development while at the same time easing proof of compliance with DO-178C.

Auto - Functional Safety - ISO26262

ISO26262、Automotive SPICE、CMMI標準規格に合わせて機能安全コンプライアンスを加速します。

Bill of Materials Management

一元化されたスケーラブルで柔軟なBOM情報を組織全体に提供することで、革新的で多様な製品を求める市場ニーズに応え、さらにそれを超える成果を出すことができます。

Extensions

一般的なツールを使用して、標準で統合が可能です。豊富なプロジェクトテンプレートを使用して、ローリングスタートしましょう。無料のオープンAPIで、専用アプリや拡張機能を構築できます。

ISO14971

Comprehensive, automated history of all artifacts facilitates proof of compliance - Integrate risk management processes leveraging the ISO 14971 template.

PLM-ALM Integration

ALMとPLMのデータとプロセスを複合的につなげ、一元化した単一の製品エコシステムを構築できます。

Product Requirements Engineering

要件をさまざまな下流機能/フィーチャー/製品アーキテクチャーに割り当てると共にレポート、ドキュメント、ダッシュボードを生成して要件プロセスを管理します。MS Officeで要件を作成、表示、編集します。

Software Agile/Hybrid Project Management

品質とコンプライアンスを維持しながら、アジリティを実現します。コンプライアンスに準拠しつつ、認証プロセスをできる限り効率化します。

Software Audits, Metrics & Reports

詳細な分析とリアルタイムのステータスレポートにより、意思決定とプロジェクト実行を改善します。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。