本文へ移動

アディティブ・エンジニアリングとアディティブ・マニュファクチャリング

アディティブ・マニュファクチャリングの威力は、従来の製造プロセスでは不可能な新しい設計を生み出せる点にあります。それにより、通常は製造できない有機的な形状を作成できるからです。アディティブ・マニュファクチャリングを使用すると、複数の設計代替案を検討して、最適なものに素早く到達できます。シーメンスのアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションは、速やかな製品の見直し、製造の改革、ビジネスモデルの再考を可能にします。

アディティブ・マニュファクチャリングの威力は、従来の製造プロセスでは不可能な新しい設計を生み出せる点にあります。それにより、通常は製造できない有機的な形状を作成できるからです。アディティブ・マニュファクチャリングを使用すると、複数の設計代替案を検討して、最適なものに素早く到達できます。シーメンスのアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションは、速やかな製品の見直し、製造の改革、ビジネスモデルの再考を可能にします。

Learn More

技術の融合は、設計の新たな可能性を開きます。 設計者が設計上の重要な機能とパラメーターを指定すると、材料の使用量、強度などの条件を最適化した自然な形状が作り出されます。複数の設計案を比較検討して、最適なものを見つけたり、斬新な設計を進めたりすることも簡単です。アディティブ・マニュファクチャリングによって、複数の試作品を作成して、それぞれの性能を検証できます。

一方、指向性エネルギー堆積、熱溶解積層法、レーザー材料溶融結合、エージェント噴射またはインクジェットなどの新たな技術のおかげで、アディティブ・マニュファクチャリングはいまや単なる試作用ツールから量産用ツールへと可能性を広げています。シーメンスのソリューションを使用すると、アディティブ・マニュファクチャリングで作成した試作品を量産へと拡張できるほか、変更管理や要件追跡もすべて同じシステムで行うことができます。

この新しい製造手法を活用する企業は、革新的な設計案の作り込みから、これまでは不可能であった部品軽量化、製造移行前の設計検証、試作品の量産体制への移行までを1つのシステムで完結できます。

アディティブ・マニュファクチャリングは、今や、部品の3Dプリントや試作だけにとどまりません。速やかな製品の見直し、製造の改革、ビジネスモデルの再考の出発点となり得るツールです。

オンデマンド・ウェビナー | 45 分

エンド・ツー・エンドの統合型プロセスでアディティブ・マニュファクチャリング3Dプリントを産業化

シーメンスのアディティブ・マニュファクチャリング3Dプリント・ソフトウェアを使用してトポロジを最適化するエンジニア

アディティブ・マニュファクチャリング3Dプリントの可能性について解説し、アディティブ・デザイン、エンジニアリング、製造計画、生産の機能を統合する堅牢なプロセスを実現する方法を紹介します。

ウェビナーを見る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。