本文へ移動

レポートと解析

シーメンスのソリューションのダッシュボードカスタマイズ機能によって、航空宇宙/防衛関連企業は、組織全体の可視化を進められるだけでなく、新たなレベルのトレーサビリティが可能になるため、ミスを削減し、終盤での問題発覚を回避できるようになります。また、現場のアセットから取得するIoT(Internet of Things)データ(現実世界の「フィジカル・ツイン」)とエンジニアリングデータ(仮想世界の「デジタル・ツイン」)を統合して実現する高度な解析により、製品の有用性とパフォーマンスを向上させることができます。

シーメンスのソリューションのダッシュボードカスタマイズ機能によって、航空宇宙/防衛関連企業は、組織全体の可視化を進められるだけでなく、新たなレベルのトレーサビリティが可能になるため、ミスを削減し、終盤での問題発覚を回避できるようになります。また、現場のアセットから取得するIoT(Internet of Things)データ(現実世界の「フィジカル・ツイン」)とエンジニアリングデータ(仮想世界の「デジタル・ツイン」)を統合して実現する高度な解析により、製品の有用性とパフォーマンスを向上させることができます。

Learn More

長年にわたって航空宇宙/防衛関連企業は、パッケージエンタープライズアプリケーション(ERP、MRP、SFA、CRM、SCM、PDM、PLMなど)からレガシーシステムまで、ITインフラストラクチャーに多大な投資を行ってきました。こうしたシステムは、戦略ごとに断片的に導入されることが多いため、「情報の島」がいくつも作成されることになります。その結果、こうしたシステムに含まれる情報の全体像が分からないまま、システム個別の観点で業務上の判断を下してしまいます。

航空宇宙/防衛関連企業に必要なのは、既存の複数のシステムからデータを取得できるダッシュボードレポートです。これにより、要件から初期コンセプト、製品実現に至る開発プロセス全体を追跡できるようになります。また、設計や開発から製造、出荷、使用に至る製品ライフサイクルのあらゆる段階で高度な解析ができる機能も必要です。段階を経るにつれて、収集、処理、解析しなければならないデータは増えるとともに、複雑さも増します。 

シーメンスのソリューションを使用すると、企業はIoTを駆使して現場のアセットから情報を収集し、製品のフィジカル・ツインを作成できます。この情報を、製品ライフサイクル管理システムに含まれるエンジニアリングデータ(「デジタル・ツイン」)と統合することで、市場での競争優位性を築くための知見が得られます。

オンデマンド・ウェビナー | 39 分

航空機の環境制御システム (ECS) 設計のシミュレーションによるモデルベース最適化

環境制御システム最適化にSimcenter Amesimを使用

初回の解析から、ECS機器を完全に統合した状態までの包括的な空気管理解析に、シミュレーションを活用する方法をご紹介します。

ウェビナーを見る

ソリューションの機能

このソリューションを詳しく見てみましょう。

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。