本文へ移動

製品の具現化

航空宇宙 / 防衛関連企業は、プログラムの複雑化、競争の激化、規制要件の厳格化、顧客の優先順位の変化など、さまざまな課題に直面しています。こうした環境でプログラムを成功させるには、製造の問題を製品ライフサイクルの初期段階にシフトして解決する戦略が必要です。シーメンスは、入札から始まり、製品のライフサイクル全体にわたって継続する航空宇宙プログラムのあらゆる側面に、製造エンジニアリングを統合するプロセス主導型PLMアプローチを提供します。

航空宇宙 / 防衛関連企業は、プログラムの複雑化、競争の激化、規制要件の厳格化、顧客の優先順位の変化など、さまざまな課題に直面しています。こうした環境でプログラムを成功させるには、製造の問題を製品ライフサイクルの初期段階にシフトして解決する戦略が必要です。シーメンスは、入札から始まり、製品のライフサイクル全体にわたって継続する航空宇宙プログラムのあらゆる側面に、製造エンジニアリングを統合するプロセス主導型PLMアプローチを提供します。

Learn More

プログラムの卓越性を確保するために、航空宇宙 / 防衛関連企業は、入札から始まるすべての段階で製造を考慮する必要があります。入札に勝つには、複数の設計代替案が製造にどのような影響を及ぼすのかを十分に理解できるかどうかが重要です。通常、「要件を満たす製品を製造する能力がある」ことを証明できた企業が受注を勝ち取ります。プログラムを開始し、その初期段階から製造エンジニアリングを設計プロセスに取り込んで製造要件を考慮することにより、単価を制御し、生産率を上げ、設備計画を推進できます。初期段階に製造を考慮することで、プログラム変更の回数を抑え、開発から製品化への移行がスムーズになります。また、精度の高い計画を策定してスケジュール通りにプログラムを開始できます。

シーメンスは、「構想から構築」、「設計から構築」、「計画から構築」、「構築から提供」、「提供から学習」という5つの手順で構成されるクローズド・ループのプロセス主導アプローチを提案します。シーメンスのソリューションを使用して全体の製造プロセスをデジタル化し、製品と製造設備の「デジタル・ツイン」を作成することで、製品サイクルの初期段階に航空機システムの製造プロセスをシミュレーションでき、早い段階から継続的に製造を考慮する利点を得られます。

オンデマンド・ウェビナー

航空宇宙産業の製品実現プロセス全体でインテリジェント製造を可能にする方法

航空機の翼の組み立て工程をインテリジェント製造でプランニング、シミュレーションすることで、現実に即した検証が可能

仮想プランニング、シミュレーション、および生産の解析を、生産のデジタル・ツインを使って行う方法を学びましょう。このデジタル・ツインには、エンジニアリングと生産データのロバストなデジタル・スレッドから豊富な情報が取り込まれます。

ウェビナーを見る

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。