モデルベースのシステムエンジニアリング

モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) は、システムエンジニアリング、機械、電気 / 電子、ソフトウェア設計、マルチドメインモデリング、および超音速ジェットのシミュレーションを支援します。

航空宇宙および防衛企業は、ドキュメント中心のシステムエンジニアリングプロセスの管理の難しさ、複雑なシステムの統合とサプライヤー関係によるリスク、規制要件への準拠など、さまざまな課題に直面しています。モデリングを使用して技術プログラムを調整し、製品アーキテクチャと要件を定義して設計領域を探索します。インターフェースを設計して統合を管理し、仮想でテストして最終的に製品が要件を満たしていることを確認します。

航空宇宙および防衛企業は、ドキュメント中心のシステムエンジニアリングプロセスの管理の難しさ、複雑なシステムの統合とサプライヤー関係によるリスク、規制要件への準拠など、さまざまな課題に直面しています。モデリングを使用して技術プログラムを調整し、製品アーキテクチャと要件を定義して設計領域を探索します。インターフェースを設計して統合を管理し、仮想でテストして最終的に製品が要件を満たしていることを確認します。

Accelerate product development with Model-based Systems Engineering (MBSE)

Model-based systems engineering, MBSE, brings a new level of integration and efficiency to complex systems and processes across the many multi-domain challenges aerospace manufacturers face today. MBSE orchestrates the entire technical program by finding the optimal solution through multi-disciplinary optimization. Fly your designs before you build them!

Watch now
 モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) は、システムエンジニアリング、機械、電気 / 電子、ソフトウェア設計、マルチドメインモデリング、およびUAMのシミュレーションを支援します。

Learn More

航空宇宙 / 防衛産業は、世界的なサプライチェーンを活用して非常に複雑な製品を製造しており、それぞれがさまざまな独自データ形式でデータを作成、使用しています。その結果、相互運用性、再利用、およびコラボレーションの問題が生じ、スケジュール通りに予算内で製品を納入することが難しくなっています。企業は数十年にわたってシステムエンジニアリング・プロセスを使用してきましたが、現在はモデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) へと動いており、ドキュメントベースの手法からモデルベースの手法に移行しています。これにより企業は、製品開発、要件の展開、および全体的な設計、解析、妥当性確認、検証作業の統合をより効果的に管理できるようになります。 

シーメンスのソリューションは、システム開発手法としてのデジタル・スレッドを提供します。企業はデジタル・スレッドを活用して、デジタル定義をリンク、共有、追跡、管理し、製品開発を加速することができます。増大する製品の複雑性を制御して最適な設計を実現し、チーム内および主要サプライヤーとのクローズド・ループのコラボレーションを通じて問題を早期に特定、対応することで、予期せぬ事態を回避し、変更によるコストの増加を抑制します。検証、文書化、およびエンドツーエンドのコンプライアンスにかかるコストも削減します。

 モデルベース・システムエンジニアリング (MBSE) は、システムエンジニアリング、機械、電気 / 電子、ソフトウェア設計、マルチドメインモデリング、およびUAMのシミュレーションを支援します。

オンデマンド・ウェビナー

Accelerate product development with PLM integrated MBSE software

Aerospace organizations will spend half their program schedules on integration

Start integrated, stay integrated

ウェビナーを視る