モデルベース製品定義

モデルベース製品定義

複雑な航空宇宙および防衛業界の製品の製造には、グローバルサプライチェーンが活用されます。グローバルサプライチェーンでは、各企業はさまざまな形式の製品データを作成し使用しています。このことから生じる相互接続性の欠如は、コラボレーションや再利用の妨げとなり、予算内でスケジュール通りに納入する能力に影響します。弊社のモデルベース製品定義ソリューションを活用すると、すべてのアプリケーションの信頼できる唯一の情報源として機能する3Dモデル内に、完全なデジタル製品定義を作成できます。

複雑な航空宇宙および防衛業界の製品の製造には、グローバルサプライチェーンが活用されます。グローバルサプライチェーンでは、各企業はさまざまな形式の製品データを作成し使用しています。このことから生じる相互接続性の欠如は、コラボレーションや再利用の妨げとなり、予算内でスケジュール通りに納入する能力に影響します。弊社のモデルベース製品定義ソリューションを活用すると、すべてのアプリケーションの信頼できる唯一の情報源として機能する3Dモデル内に、完全なデジタル製品定義を作成できます。

モデルベース製品定義

Learn More

航空宇宙および防衛プログラムには、多くの企業(OEMや多くの階層で構成されるサプライヤーなど)が関わっており、プロジェクトの複数分野にまたがる性質(機械設計、電子設計、ソフトウェア設計が必要)と効率的な情報交換の必要性を考慮すると、さまざまなCAD形式で作業する企業にとって、維持を含む製品開発のすべての段階を通してコラボレートし、情報を再利用できるようにすることは不可欠です。これらの実現と、明瞭さ、使いやすさの向上のために、モデルベース定義への取り組みに、企業は投資しています。この取り組みでは、PMI注釈付き3Dモデルに、製品を定義して従来の図面を置き換えるのに必要なすべての情報を含めています。Technical Data Package (TDP)の一部として注釈付き3Dモデルを使用すると、設計エンジニアはジオメトリだけでなく、仕様、寸法、公差、材料に関する注釈を使用して、設計意図を明確に定めることができます。

弊社のモデルベース製品定義ソリューションを活用すると、管理された環境を実現できます。この環境では、データ転送に必要な時間が短縮され、設計バリエーションを素早く探索できることでイノベーションが推進され、再利用が増加し、市場の要求や顧客が求める変化に直接すぐに対応することができます。

モデルベース製品定義

オンデマンド・ウェビナー | 60 分

デジタル・ツインを強化するモデルベース定義

信頼できる唯一の情報源

ウェビナーを視る

ソリューションの機能

[[global-preference-center-interest-placeholder]]に興味がありますか?

登録して[[global-preference-center-interest-placeholder]]の最新情報を入手

申し訳ありません。

登録できませんでした。もう一度やり直してください。

ご登録ありがとうございます! 初めての登録ですか? メールをチェックして登録されたかどうか確認してください。

この項目は必須です。 有効な電子メール・アドレスを入力してください。
この項目は必須です。 値が無効または長すぎます。