本文へ移動

CASE時代を見据えた自動車業界動向(品質・機能安全・セキュリティ)、ALMツール適用による効率化

Polarionによる作業効率化ご提案と、適用事例のご紹介

CASE時代を見据えた自動車業界動向(品質・機能安全・セキュリティ)、ALMツール適用による効率化
CASE時代を見据えた自動車業界動向(品質・機能安全・セキュリティ)、ALMツール適用による効率化

*申込人数が定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきました。

CASEにおける課題に対応するため、品質・機能安全(ISO 26262/A-SPICE)・サイバーセキュリティ(WP 29・ISO/SAE 21434)などの要求事項が増え続け、これら解決するためのライフサイクルマネージメントにとって作業の効率化が必須な状況です。

本ライブ・ウェビナーでは、シーメンスDIより、SGS-TUEV認証済みPolarionによる作業効率化ご提案と、適用事例のご紹介をさせていただきますと共に、
今回は、スピーカーに機能安全など世界最大の第三者認証機関である、SGSグループ日本支社の河野様をお迎えし、品質・機能安全・サイバーセキュリティの業界動向を踏まえて、規格概要と管理プロセス適用時の勘所をご紹介 させていただきます。

【開催概要】

●日 時 :2020年12月15日(火)14:00-15:30

●対象者 :
  ・自動車業界(OEM、サプライヤ、部品メーカー様など)
  ・サイバーセキュリティ・機能安全担当者様
  ・制御設計開発担当者様
  ・生産担当者様

●参加費 :無料 

●お申込 :申込人数が定員に達しましたので、申込み受付を終了とさせていただきました。 

●お問合 : こちらからお問合せください。


●ウェブセミナーについて
 ウェブセミナーとはオンラインでセミナーを行うもので、インターネットに接続されたPCを利用すれば、
 どこからでも手軽にご参加できます。 


  ・WebExの動作環境のご確認: こちら
  ・当日のご参加方法:申込後、rlmswebinar.plm@siemens.com より自動送信されます、
   「ウェブセミナー登録承認のお知らせ」メールに記載されているログインURLをクリックして
    ご参加ください。

※同業他社様の参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。
※当社の個人情報保護方針については、 こちら をご参照ください。

ご質問はありますか?