本文へ移動
2018年1月24日(水)新横浜 / 1月25日(木)名古屋

自動車産業界の電動化に伴う、バッテリー向けモデルベース開発セミナー

もともと地球環境問題に端を発しました車両の電動化は、現在では電動走行時の航続距離など車両としての実用性および付加価値の確保に開発の焦点が移っています。とりわけ電動化に使用されるシステムやコンポーネントは日々複雑化しおり、電力貯蔵装置としてのバッテリーも例外ではありません。

本セミナーでは、バッテリーに関する性能開発のためのモデルベースシステム開発ソリューションを扱ってまいります。セル詳細開発から車両統合のシステム全系、バッテリーサプライヤとOEMのすり合わせなど、バッテリー開発に関する広範囲な領域を半日のセミナーにて簡潔にご説明いたします。

学べる内容

  • バッテリーのCAEモデリング方法 
  • 正しいバッテリーのサイジングの方法
  • バッテリーの特性を考慮した車両全系シミュレーションの方法 
  • バッテリーの熱管理を最適にする方法  
  • バッテリーアーキテクチャを最適化してバッテリーの劣化を抑える方法 
  • バッテリーのキャパシティ損失を低減する方法

バッテリーに関する最新の動向を把握し、今後の設計開発のヒントを探されているエンジニアの方に最適な内容となっておりますので、是非 皆様この機会にご参加下さい。


【開催概要】

日 時:   2018年1月24日(水)新横浜、25日(木)名古屋
                 12:45~(受付開始 12:15~)


開催場所

  • 新横浜:新横浜プリンスホテル 3階 ファンタジア【MAP】
    〒222-8533 神奈川県横浜市港北区新横浜3-4  
    アクセス:
    ・JR新横浜駅北口 徒歩5分
    ・横浜市営地下鉄ブルーライン 新横浜駅 3-2番出口 徒歩5分
  • 名古屋: 名古屋都市センター 14階 特別会議室【MAP】
    〒450-0001 名古屋市中区金山町一丁目1番1号 金山南ビル内
    アクセス:        
    ・JR・名鉄・地下鉄「金山」駅南口すぐ


対象者:   

  • 自動車を含めた製品の電動化およびバッテリーに関する最新の動向を把握し、
    今後の設計開発のヒントを探されているエンジニアの方
  • 関連製品にご興味のあるお客様
    (例:STAR-CCM+とSimcenter1DCAEシミュレーションの統合)

お申込:  

このページ右側の参加申込フォームよりお申込下さい。
お申込締切日:1月18日(木)迄
但し定員に達し次第締切りとさせていただきます。


主 催:     シーメンス株式会社

参加費:     無料(事前登録制)

お問合せ:こちらからお問合せください。


【プログラム PDFのダウンロードはこちら

  • 12:15 - 12:45 受付
  • 12:45 - 13:00   車両電動化に伴う予測型エンジニアリング
                          ・世界の動向と電動化における課題
                          ・システム性能エンジニアリングの考え方
  • 13:00 - 13:45   バッテリーシステムモデリング 
                          ・バッテリーモデル、拡張性(QS,RC,電気化学)
                          ・事前適合されたコンポーネントの使用
                          ・セル設計のためのBattery Design Studioの紹介
  • 13:45 - 14:30   バッテリーの特性モデリング
                          ・データシートからバッテリーパラメータの同定
                          ・測定からバッテリーパラメータの同定
  • 14:30 - 14:40   休憩
  • 14:40 - 15:25   実車統合とバッテリー熱管理の最適化
                          ・航続距離推定のための車両シミュレーション
                          ・1DCAEモデルを使用したバッテリーパック冷却装置
                          ・Star CCM+とBattery Simulation Moduleの紹介
                          ・実車環境とのコシミュレーション
  • 15:25 - 16:10   バッテリー劣化とバッテリー状態推定
                          ・バッテリー劣化に影響を与える要因
                          ・性能シミュレーションのためのバッテリー劣化モデル
                          ・バッテリー状態が性能におよぼす影響
                          ・効果的に使用するためのバッテリー状態推定
  • 16:10 - 16:20   休憩
  • 16:20 - 17:05   xEV車両のためのバッテリー管理システム開発(BMS)
                          ・BMS設計の目的と開発プロセス
                          ・BMSソフトウェアのアーキテクチャと特徴
                          ・BMSソフトウェア設計のためのモデルベースアプローチ
                          ・BMS設計評価のためのテストシナリオとプラットフォーム
                          ・ケーススタディ
  • 17:05 - 17:25   質疑応答


※一部英語のセッションですが、通訳(サマリー)が入ります。

※同業他社様の参加はご遠慮いただいております。予めご了承ください。


当社の個人情報保護方針については、こちらをご参照ください。
http://www.siemens.co.jp/Japanese/Pages/privacypolicy.aspx

 

本セミナーは終了致しました。

セミナーについてのお問合せは、こちらまで!
Close Video