スキップする
お問い合わせ Japan | 日本語
ユーザ事例
ユーザ事例

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ハウジングシステム事業部

Teamcenter でマルチ CAD 環境の製品データ管理と基幹システムを連携、開発業務を大幅に効率化

3次元商品設計情報を開・製・販一気通貫で活用

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社 ハウジングシステム事業部

Teamcenter でマルチ CAD 環境の製品データ管理と基幹システムを連携、開発業務を大幅に効率化

3次元商品設計情報を開・製・販一気通貫で活用

PDFリンク
quotation marks "Teamcenter は本気で PDM を実装したいというニーズに対応しており、長期的な投資に着目した時のコストパフォーマンスに優れたシステムです。" 中谷 光男 氏, 技術本部 R&D企画室 開発プロセス革新グループ チームリーダー パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
課題
  • 受注から出荷までの期間短縮
  • 仕様変更、設計変更を各部署に迅速に反映
  • 開発・製造・販売の情報を一元管理
成功の鍵
  • 円滑な作業を可能とする効果的な情報整理
  • 部品表をベースとした開発プロセスへの変革
  • パッケージ標準機能を最大活用
効果
  • 開発プロセスの自動化
  • 3D データの活用
  • TCO の削減
業界
  • エレクトロニクス/半導体
主な事業内容
  • 快適な住空間を構成する、システムキッチン・ユニットバスなどの水まわり設備、床材・建具・収納などの内装建材、雨樋・外装材などの外まわり建材など、住宅設備機器・建材の開発、製造、販売
ソリューション/サービス
  • NX
  • Teamcenter
所在地
  • 大阪府門真市
quotation marks "弊社ではマルチ CAD に対応した構成管理機能は必須であり、その要件を満たす PDM は Teamcenter の他にはありませんでした。" 中谷 光男 氏, 技術本部 R&D企画室 開発プロセス革新グループ チームリーダー パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
quotation marks "Teamcenter は本気で PDM を実装したいというニーズに対応しており、長期的な投資に着目した時のコストパフォーマンスに優れたシステムです。" 中谷 光男 氏, 技術本部 R&D企画室 開発プロセス革新グループ チームリーダー パナソニック株式会社 エコソリューションズ社

開発プロセスの効率化を実現

パナソニック株式会社エコソリューションズ社ハウジングシステム事業部では、主に住宅建設に携わる施工者を対象に、システムキッチンやユニットバスをはじめとした住宅用の設備機器や建材の開発、製造および販売を行なっています。住宅の設計にあたり、施工者が顧客の要望に合わせて住宅建材の仕様を決定します。このような営業プロセスにおいては、書類や冊子だけでは要件を整理しきれないため、セールスコンフィギュレータを使用することも珍しくありません。しかし、従来はそのようにシステム化された営業の仕組みと、製品開発の仕組みが連携されていませんでした。また同事業部における従来の開発環境では、製品情報は複数の場所に散在し、図面、部品表、仕様書、コストなどの情報を一元化するシステムが欠けていました。そのため、仕様変更や設計変更といった変更作業が発生する度に、人海戦術で変更された情報を別の関連システムに入力するといった作業が発生していました。手間や時間がかかるばかりでなく、エラー発生の原因になってしまっていたのです。
 そこで、同事業部では開発部門に点在する様々な設計関連情報を集約・一元化したシステムを構築し関連するプロセスがこの仕組みの上で稼働すること、更にそのシステムとセールスコンフィギュレータなど販売システムとを連携し、開発プロセスの自動化と効率化を進めることで、コスト削減を目指しました。
 このような要件を満たす  PDM (製品データ管理)システム導入の調査検討を進め、選定されたのがシーメンス PLM ソフトウェアの Teamcenter でした。同事業部として PDM を本格導入するのは初めてでしたが、パナソニックとして  Teamcenter® を標準的に導入が進めており、すでに Teamcenter の実績があったということも、選択の大きなポイントとなりました。

ステップバイステップでの効率的な導入

同事業部における Teamcenter 導入は2011年の春から開始されました。導入にあたり優先したのが、バラバラに存在していた製品開発情報の一元化でした。最初のステップとして取り掛かったのは図面管理と構成管理です。この機能を開発プロセスの中に実装したことで、情報検索にかかる時間の削減や関連情報との容易な連携を実現し、設計者個人の大幅な効率改善を実現したほか、情報の共有化や再利用が促進され開発プロセスやチーム全体の効率化にもつながりました。
 次に 3D CAD データ管理の導入を進めました。同事業部では多種多様な住宅設備を開発しており、製品によって利用している CAD も様々あります。シーメンス PLM ソフトウェアの  NX™  も設計に使用していましたが、他社製 CAD も利用している状況でした。このため CAD の種類に関係なくデータを管理できることが PDM の重要な要件の一つとなったのです。Teamcenter は NX だけではなく、他社製の主要な CAD システムとのインターフェイスが用意されており、カスタマイズをすることなく 3D CAD データを管理することができます。しかし同事業部では PDM に 3D CAD のデータが取り込めるだけでは十分ではなくセールスコンフィギュレータや生産管理システムとの連携のため、BOM を軸に 3D CAD データ、図番、品番が全て紐づいて管理出来る必要がありました。Teamcenter Integration for NX と Teamcenter Integration for SolidWorks を評価したパナソニック株式会社 エコソリューションズ社 技術本部 R&D 企画室 開発プロセス革新グループ チームリーダー 中谷光男氏は、「弊社ではマルチ CAD に対応した構成管理機能は必須であり、その要件を満たす PDM は Teamcenter の他にはありませんでした。」と述べ Teamcenter のマルチ CAD 管理機能を高く評価しています。
Teamcenter の導入前は BOM の作成と図面との照合を手動で行い、図面を見て部品番号を確認し、そこからまた必要な図面を探し BOM の比較をしていました。このようなシステム化されていない手間のかかる作業は、間違いを誘発し、結果、手戻りやエラーの原因にもなっていました。Teamcenter の導入後、BOM は CAD と Teamcenter 間のインターフェイスを介して自動的に作成されるようになり、後工程のシステムと連携するようになっています。この統合はデータの正確さと、情報の再利用率向上に大きく貢献しました。中谷氏は「ずっと図面でやってきた体質を変えなくてはいけないと思っていました。3D データを有効に使うためにも構成管理がきちんとできることは必須でした。Teamcenter は本気で PDM を実装したいというニーズに対応しており、長期的な投資に着目した時のコストパフォーマンスに優れたシステムです」とそのメリットを述べています。

エンタープライズレベルの高度な機能を短期間に実装

一般にエンタープライズ PDM というと実装の開始から実際に稼働するまでに時間がかかり、またその導入を推進する大規模なチームも必要というイメージが強いかもしれません。Teamcenter は大規模な組織での運用に耐えうるエンタープライズ PDM ですが、同事業部では実装の開始から最初の稼働に至るまで4ヶ月程度しかかかっていません。しかも、専任の IT の担当者も必要最小限で充分でした。あとは、シーメンス PLM ソフトウェアとその導入パートナーの支援のみで非常に短期間で稼働を成功させています。
 ポイントとなったのは、OOTB (Out of the Box) 機能すなわち、Teamcenter に標準として備わった機能を最大限に活用したことにあります。Teamcenter は、すぐに使用出来る標準機能が豊富であるため、特別で特有の要件などがないかぎりはカスタマイズ作業が必要なく、結果、導入工数も大幅に削減できます。同事業部では、この標準機能が鍵となり導入プロセス自体がスムーズに進んだのです。導入コストの低減と、カスタマイズをしない運用がメンテナンスコストの低減につながっています。
 「元々強力な機能を持っており、システムとしても強固に作られています。これはそのまま我々のシステムの安定性にもつながっています。Teamcenter はものづくりのプロが使うものです。プロが使うためにできているものを改造しないで使う。それが私のポリシーです」と中谷氏は Teamcenter への信頼を強調します。

営業と製造の連携を実現

このように Teamcenter の導入後、短時間でエンジニアリングデータの一元管理が可能になりました。それにより目標であった営業と製造への連携も実現しています。「営業で作成された構成を即座に設計の構成に反映させることが可能になりました。図面ベースの開発では無理だった開・製・販の情報連携も可能になりました」と中谷氏はその成果を述べています。
 Teamcenter により、先行していたセールスコンフィギュレータと連携可能な製品構成管理のシステムが実現したことで、グローバルに展開するための力強い基盤システムが出来上がりました。「製品開発を3Dで進める価値は、それを製品開発の後工程で活用できてこそ発揮されます。それが Teamcenter で実現しました」と中谷氏は言います。

水平展開による全社的な効率化

当初の見込み通りの成果を実現したことで、同事業部実現したこの製品開発環境を、今後別の事業部への展開が次の目標となっています。そのことで、エコソリューションズ社全体の効率化を実現し、企画から販売までのサイクルタイムをより短縮化し、ビジネスそのものの改善につなげていくことを次のステップとして進めています。
 中谷氏の狙いは BIM (Building Information management) との連携です。現在、建築の世界においても 3D による設計が浸透しつつあり、建築関連情報全体の管理の仕組みとしてBIMが浸透しつつあります。同事業部扱う製品群は、建築と密接な関連があることで、BIM と連携することで実際に建築を担当する施工者との連携がさらにスムーズに進むことになります。同事業部は、従来の製品開発の世界にとどまらない、関連情報との連携を図ることで、さらに一歩進んだ製品開発環境の実現を目指しています。

戻る 詳細
quotation marks "弊社ではマルチ CAD に対応した構成管理機能は必須であり、その要件を満たす PDM は Teamcenter の他にはありませんでした。" 中谷 光男 氏, 技術本部 R&D企画室 開発プロセス革新グループ チームリーダー パナソニック株式会社 エコソリューションズ社
Close Video